今野敏著『清明 隠蔽捜査8』新潮文庫、2022.06(2020)

北海道生まれの作家・今野敏による、「隠蔽捜査」シリーズの第8弾にして新章開幕篇となる長編文庫版である。カヴァの写真は広瀬達郎による神奈川県警庁舎。解説は吉田大助が担当している。
大森署での功績が認められた竜崎伸也は、神奈川県警の刑事部長に就任する。そんな矢先、東京都との丁度境界線あたりで他殺体が発見され、警視庁との合同調査が始まる。死体がややいわくの有る中国人であることが判明し、更には公安までもが出向いてきて、事態は混沌化。更には妻の冴子が交通事故を起こし、竜崎は難局に立たされるが…、というお話。
基本的に正論の人・竜崎が、新たな立場を得て、警察官として、そして人間としてもスケールアップした姿を見せる、といった巻。今の日本、というか今の世界に求められているのは、こういう人材なのかも知れない、などとちょっと思ってみたりもする。でも、なかなか、現われないだろうな、とも思う。以上。(2022/06/15)

佐藤賢一著『ナポレオン 1 台頭篇』集英社文庫、2022.06(2019)

フランスを舞台にした歴史小説を多々生み出してきた佐藤賢一による、ナポレオンを主人公とする大長編の1巻目。元々集英社のWEB文芸RENZABUROに連載されたもので、単行本は2019年刊。第24回司馬遼太郎賞を受賞した雄編、となる。この巻の解説は井上章一が担当している。
この巻では、1769年にコルシカ島の弱小貴族ボナパルト家の次男として生を受けたナポレオンの幼少期から、陸軍士官学校での生活、フランス革命からの混乱期における大活躍を経て、やがて部隊を率いイタリア遠征を成功させるまでを丹念に描く。
誠に素晴らしい作品。各地の風物や歴史上の出来事、あるいは人物描写に至るまで、非常に細かいところまで緻密に書き込んだ、考証が非常にしっかりした伝記でもありながら、さりとて血沸き肉躍るエンターテインメント作品としても読めてしまうという、何とも見事なバランスを持つ作品で、ここまで作り込むのは並大抵のことではなかったろうと想像する。
歴史上の人物も、我々と同じ人間なのだ。本書の魅力は、そのことを執筆上の基本コンセプトとして貫いたことから生じているのだと思う。以上。(2022/07/07)

伊坂幸太郎著『クジラアタマの王様』新潮文庫、2022.07(2019)

千葉県生まれの作家・伊坂幸太郎による2019年発表の長編文庫版である。カヴァの彫像作成と撮影は三谷龍二によるもの。解説は『ソードアートオンライン』で知られる川原礫が行なっているが、そこには、重大な意味がある。
製薬会社の広報部に勤める岸は、異物混入に関する対応を引き継いだあたりから様々なトラブルに見舞われ始める。そんなところへ、都議会議員の池野内からメールが届く。池野内は、自分の夢に岸と思われる人物が現われるのだが、という。一体、何が起きているのか、そして、彼らの住む世界はどこへ向かおうとしているのか、というお話。
夢の世界が王道RPGっぽい作りになっている、という設定で、まあ川原礫が解説するのは当然かも、という話。といって、どちらかというと村上春樹に近い、というかかなりそのまま。
夢パートとして川口澄子の漫画が挟み込まれるのだが、これが何とも味わい深い。そんな珍しい趣向も楽しめる、非常に密度の濃い、遊び心に満ちた極上のエンターテインメント作品だと思う。以上。(2022/07/15)

佐藤賢一著『ナポレオン 2 野望篇』集英社文庫、2022.07(2019)

佐藤賢一による、ナポレオンを主人公とする大長編の2巻目。この巻の解説は宇野重規が担当している。
イタリア遠征で大成功をおさめたナポレオンは、1797年、パリへと凱旋する。英国との関係が悪化する中、ナポレオン軍はエジプト遠征を決行し、地中海における軍事的優位を手に入れようとする。やがて周辺国の対仏同盟が組まれる中、再びパリに戻った彼はクー・デタにより遂に皇帝の座に上り詰める。
その天才的な能力により、破竹の勢いで版図を広げ、遂には途方もない権力を手中に収めることになったナポレオンだけれど、途中のプロセスでは本当にギリギリというか、綱渡り的なことを多々やっていて、一歩間違えば全然違う歴史になっていたのかも、と改めて思う。そして、物語は転落篇へと続く。以上。(2022/08/08)