横山秀夫著『ノースライト』新潮文庫、2021.12(2019)

横山秀夫による長編ミステリの文庫版である。2004年から2006年にかけ『旅』に連載され、大幅な加筆修正を施して2019年に単行本化。『週刊文春』の「ミステリーベスト10 2019」国内部門第1位という高い評価を受け、西島秀俊主演その他超豪華キャストでTVドラマ化もされた作品、となる。カヴァの装画はagoeraによる。
建築士である青瀬稔は、自らの最高傑作とみなし雑誌で紹介までされた「Y邸」に、引き渡しから4カ月を経た現在だれも住んでいない、ということを知らされる。現地を訪れた青瀬は、一度も人が住んだ形跡がないことに衝撃を受ける。一体何が起きたのか、そして、施主の吉野淘汰はどこにいるのか?所属する事務所が重要なコンペティションで忙しくなる中、青瀬は少しずつ情報を集め始めるが…、というお話。
大傑作。長い時間をかけて熟成された芳醇な逸品、という感じ。建築業界とか、戦中戦後の日本とか、ブルーノ・タウトとか、群馬県あたりの風物とか、色々なものを適切に配置して作り上げた見事な人間ドラマ、である。世界がどん底から再生へと向かう今こそ、広く読まれるべき作品だと思う。以上。(2021/12/20)

城平京著『虚構推理 逆襲と敗北の日々』講談社タイガ、2021.12

前作からわずか2か月で刊行された城平京(しろだいら・きょう)による「虚構推理」シリーズ第5弾のほぼ長編とも言える中短編集。コミック原作として書き下ろされた5本が収録されている。カヴァのイラストはいつものように片瀬茶柴が担当。
警察に呼び出された岩永琴子と桜川九郎は、とある奇妙な事件で因縁の相手である桜川六花(りっか)が容疑者となっていることを知る。六花によると、キリンの霊が登山者4人を崖から転落させ、3人の命を奪った、という。警察にその事実を話せない彼らは、より合理的でもっともらしい解決に導くべく調査を開始するが…、というお話。
今回は事件自体の謎というよりは、琴子と六花の駆け引きに主眼が置かれている。第5弾ということもあり、何となくシリーズの真ん中で、ある種転換点とも言うべき巻になっているのではないか、と推測する。
エンターテインメント性と高度なロジックを見事な形で共存させるという誠にアクロバティックなこのシリーズ、ますます目が離せない。以上。(2021/12/30)