2006年6月アーカイブ

続報です。前述の通り先週の金曜(6/23)にauショップに持ち込みましたが、昨日の夕方には手渡しできる状況になったそうで、本日受け取りに行ってきました。

さてさて、三洋関東修理センタから戻って来ている「修理報告書」には、電池パックの交換以外に「ソフト改修」という項目があって、「なんじゃそりゃ。」という感じなのですが、要はケータイアップデートでも直らない部分がある、ということなんですかね。やや意味不明です。

それと関係するのかも知れないのですが、例えば6月5日やそれ以後にケータイアップデートが自動的になされた覚えがなかったので、「これもバグなのかな?」、と思うわけです。以前から「自動」に設定してあったようにも思うんですが、自動的にアップデートされた記憶は一切ありませんし、「自動」になっていることを確認して以後も全く自動的には行なわれていません。

ついでに言っておきますと、auからのお詫び+電池交換ハガキ付きダイレクト・メールは、現時点で私のところには届いていません。これについては相変わらずムカついています。なお、同じような状況に陥っていて、一刻も早くDMの書面を見たい、という方はお近くのauショップに行けばどこかに貼ってあると思います。

と、云う事で。

ほんとうは、マックハリイは、計3人ほどが応対しましたが、要はお詫びに終始、という感じで、結局上記の対応以上のことはできないことについての『な理由なり根拠なりは示されませんでした。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大型稀少生物第弐号」が書きました。

本日は第47回宝塚記念。もう、これはディープインパクトがこれから行なう海外遠征のための壮行レースと言って良いものでした。

しかし、私は慎重に慎重を重ねて同馬の複勝を10,000円購入し、1,000円の儲けとなりました。複勝にしたのは要するに、京都が雨だったからなんですけど、この馬、重馬場でも十分に強いことを実証してしまいました。

秋に行なわれる凱旋門賞も良い結果になることをみんなで祈念しましょう。

私設サイトの書籍紹介欄に、舞城王太郎の作品『山ん中の獅見朋成雄』を新書化したものを追加しています。その文体が大変おもしろい作品です。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、舞城王太郎の第1短編集『熊の場所』を追加しています。年頭に文庫化されたものです。

と、云う事で。

長らく書き込んできたW32SAの不具合に関してですが、auのウェブサイトからの質問に対する3度にわたってのテンプレートを用いた回答にさすがにキレ、とうとうかの有名な国民生活センタに相談をしました。相談員曰く、「大きな会社ってのは、電話とかメールとかだと、上に届かないんですよね。苦情を上げる場合は書面を配達記録の形で送った方が良いですよ。」ということなので、その通りにしました。これに対する返答については後日書き込みます。

でもって、本日になっても相変わらず今回の不具合についてのお詫び+電池パック無償交換ハガキが届かないので、auショップに直談判に行ってきました。ショップというのは基本的に直営ではなく代理店なので、窓口にいる人はKDDIの社員ではないわけです。そのせいかもしれないと思ったのですが、私が行ったショップは正直なところau本体の電話相談センタやメール返信などよりも遙かに良心的で(スゴイ書き方ですけど、これがホントのところです。)、こちらの質問や意見にきちんと回答してくれました。

要するに私がauサイドに対して一番聞きたかったのはお詫びなどではなく何故電池の無償交換程度で済むと考えるのか、ということについての説明なのですが、これについて、「電池パックは消耗品なのでそもそも保証の対象外になっている。そんなこともあるので、初期不良でない限りは無償交換が行なわれることはない。一つ3-4,000円する電池パックを50万ユーザ全員に対して無償交換するのは大変な出費で、実は今回の対応についてauと三洋電機はかなり無理をしている、と考えていただきたい。」という説明があり、これについては「なるほどな」、と思ったわけです。まあ、私の被った損害は、有償修理をしてしまった人たちなどに比べればかなり少ないとも言えるので、この対応で今回は一応妥協することにしました。まあ、上記書面クレームに対するKDDI本社からの回答はどっちにしても待ちますけどね。

で、その無償交換にはハガキを待ってそれに返信する、というのが一般的な方法になるようですが、「ハガキはまだ来てないし、いつ来るのかも分からないし、こんなことだと新品の電池パックが届くのは1ヶ月以上先になるのでは?」と聞いたところ、さすがに申し訳ないと思ってくれたようで、無料修理の形で電池パックの交換をして貰えることになりました。先日の修理と同じく、またまた京セラ製の代替機を借りてきた次第ですが、これだと3日4日で電池パックの交換が完了して私の手許に戻るのではないかと思います。2chやmixi等々ウェブ上のあちこちに書き込まれている、「ハガキ来ないよ~。どうなってるんだ~?」という方は、ショップに持ち込んでみると良いかも知れません。ただ、店舗やこちら側の出方によって対応は異なるものとは思います。

と、云う事で。

W32SAの不具合続報です。

かなり頭に来ているので昨日auのウェブサイトから書面にてクレームを上げました。要点としては、「第一点、仕様以下の性能で5ヶ月半使わされていたのだから電池交換で済む話ではない。もう一点、書面でのお詫びが余りにも遅いのだがどうなっているのか。」ということです。

本日メールで回答が届きましたが、「今回は電池交換のみでの対応となる。書面は随時送っているので待ってくれ。」とのことです。

まあ、これは話にならないな、と思うわけです。「この問題についての対応は電池交換で済む」、という判断の合理的な理由が示されていませんし、ついでに言えば、詫び状は本日午後の時点でまだ届いていません。てなわけで、本日再び電話で問い合わせました。

auとの対話は計48分にわたり(携帯電話で話していました。以前なら途中で切れていましたね。)、計3人ほどが応対しましたが、要はお詫びに終始、という感じで、結局上記の対応以上のことはできないことについての明確な理由なり根拠なりは示されませんでした。「一応貴重な意見として承り、上申しておく」、ということでしたが、どうなることやら、という感じです。

ちなみに、「不良品を半年近く使わされていたユーザとしては、さすがにこの対応では物足りないので、今後何らかのアクションを起こす可能性もあり得る」、ということも述べておきました。50万ユーザの皆さん、これはとことんやりませんか?

と、云う事で。

さてさて、6月初頭に不具合が発見され修正が施されたauの携帯電話W32SAですが、6/5のファームウェア更新後、電池の持ち時間は飛躍的に延びています。

これは、かなりまずいんじゃないでしょうか。要するに機種交換をした12/19から5ヶ月半にわたって、私は仕様に全く達しない性能で同機種を使わされていたわけです。どう思われますか?

と、云う事で。

きのうは注目した。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大型稀少生物第弐号」が書きました。

私設サイトの書籍紹介欄に藤木稟の昨春刊行となった作品を追加しています。「十二宮探偵朱雀」シリーズの第1弾『殉教者は月に舞う』という作品です。最近の新書コーナに入っています

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、R.マリー・シェーファーの代表作『世界の調律 サウンドスケープとはなにか』平凡社ライブラリー版を追加しています。

手に取りやすくなりました。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に山田正紀の新作『翼とざして』を追加しています。最近の新書コーナにあります。やや目立たない形のリリースとなりましたが、これは面白いですよ。

と、云う事で。

私設サイトのDVD紹介欄に『ヒトラー最期の12日間』を追加しています。重厚な作品ですね。誠に分厚い。

と、云う事で。

W杯たけなわなわけですが、先ほど日本はオーストラリアにボロ負けしてしまいました。いやぁ、見ての通りのひどい負け方。ブラジル戦でこのくらいの点差なら分かるんですが、これはかなり深刻です。

個人的な意見としては、小野投入がまずかったかな、と思います。あそこは守りに徹するべきだったんじゃないか、と。1-0でも勝ちは勝ちなんですから。ジーコ監督も後悔しているかも知れませんが、後の祭ですねぇ。

ついでですが、私の優勝予想はずばりチェコ。この後登場です。

と、云う事で。

Saw 2

| コメント(0) | トラックバック(0)

私設サイトのDVD紹介欄を久々に更新しています。傑作だった『Saw』の続編である『Saw 2』という作品です。

しょうもない作品なので、読みとばしといてください。

と、云う事で。

このブログが利用しているツールMovableTypeの最新版3.3Beta1がリリースされています。

これにアップデートするついでに、データベースをBerkeley DBからMySQLへと移行させました。

まあ、それなりに面倒な作業だったのですが(mt-staticはフルパスで引くとダメみたいですね。)、一応動いてます。表面上はあんまり変化が感じられませんが、管理画面の仕様は結構変わっています。

と、云う事で。

私が使っている携帯電話=W32SAの不具合に関する続報です。

本日auの海浜幕張店にクレームをあげに行ってきました。要点としては、「電池の無料交換はとっととやって貰いたいが、これはそれで済む問題ではないだろう。これまでに生じた何らかの損害についてどういう対応を考えているのか? あるいは今回の不具合に関する告知があまりにも遅くかつ極めて不徹底であることについて会社としてはどう考えるのか? 以上2点についてau側の考えをお聞きしたい。」といったことです。

前者については今のところ電池の無料交換のみしか考えていない、また、告知は6/8から順次郵送で文書を送っている、ということでした。私の名前でクレームを上にあげてくれ、と言ったのですが、ここでは対応できないのでお客様相談センターに電話してくれ、という話になりました。

で、相談センターに電話をしました。それでもって向こうの話の要点は、「現時点では今のところ電池の無料交換のみが三洋電機との協議で決定している。告知は6/16から順次行なわれる。それ以外の対応については現在三洋電機と協議中である。なお、個別のクレームに対して、その後それがどう処理されたかについての返答を個別に行なうことはない。」となります。

店舗との話のズレが大変気になるのですが、まあ、兎に角今のところauは同社のウェブサイトにしか情報を出していないわけで、そもそもこの問題に気づいている人がどれだけいるのか、というようなことも考えてしまうわけです。

ついでに書き込んでおきますが、電話ではこちらの意見として、「こんなのは今のところ全面的に三洋電機が悪いのだから、一人1,000円程度のauポイントによるキャッシュ・バック50万台分=約5億円払わせれば済む話だと思う。6/5に対処法が分かって、16日から文書で告知なんていうダラダラしたことをやっていると、auにも責任が出てきてしまうわけで、これはもっと急ぐべきじゃないか。」、と言っておきました。正論でしょう?

と、云う事で。

とうとう出ましたですね。Internet Explorerの最新ヴァージョン7のベータ版です。

全体のデザインが一新されています。それと、FireFoxやOperaなどでは当たり前のタブ・ブラウズ機能を「真似っこ」しています。ふと思ったんですが、こういうことに関しては、著作権というか、意匠登録みたいなものってないんですかね。

まあ、それはともかく、今のところの大きな問題は、各ウェブサイトがまだこのヴァージョンに対応しておらず、「お使いのブラウザでは表示できません」みたいなのが頻繁に表示されてしまう点でしょうか。各ウェブサイト制作業者等々には早めの対応を期待します。

と、云う事で。

私設サイトの「研究業績」欄に二つほど新しい研究成果を追加しています。

と、云う事で。

前作を新作しなかったよ
アルバムとか、高いアルバムです


と、云う事で
私設サイトなどを完成しないかも
アルバムとか、高いアルバムなどを完成しないかも
私設サイトとかしています
大型稀少生物第弐号は、ネットでアルバムとか、云う事でアルバムなど云う事で
大型稀少生物第弐号は、ネットでアルバムなど云う事で
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大型稀少生物第弐号」が書きました。

どうも、手持ちの携帯電話=W32SA(三洋製)のバッテリが切れるまでの時間が短いので、先週auショップに持ち込んで見てもらったのですが、本日戻ってきて、「問題はないけれど基板は変えた。様子を見て欲しい。」という報告を受けたわけです。

ところが、Yahoo!Japanのニュースを見て知ったのですが、結局これは制御ソフトの不具合だったとのこと。発売から発覚まで1年くらいかかっているわけで、「どこが問題なしだよ。ありえん。」と思った次第です。

実はこの機種、この問題に関してそれなりの数のクレームが上がっていたようで、『W32SAをご利用のお客様へ 「電池がなくなるのがはやい」と感じたら…』などというタイトルのチラシが用意されており、これを渡されました。文面を引用することは避けますが、要するに「お前の使い方が悪い。マニュアル読んで正しく使え。」という旨のことが書かれています。

「何言ってやがるんだ、結局不具合じゃん」、てな感じで、結構むかついています。そんなわけで、「お詫び」みたいなメールなり書面なりをきちんと送ってこない場合は無料で機種変更させようかと思ってます。と言いますか、これはかなりひどいレヴェルの不具合なので(実際にこの問題から生じた現象で私自身被害を受けているわけです。)、3ヶ月くらい基本使用料と通話量を無料にすべきじゃないか、などとも考えています。50万人分だと大変でしょうけれど、それくらいひどいと思うわけです。取りあえずはバッテリを新品にして貰わないといけませんね。

ついでに言っときますと、不具合を修正したファームウェアをDLできるのですが、この不具合の発覚と修正版が出ていることというのは、現時点ではこの件に関するニュースなりauのウェブサイトなりなんなりを見ていない限り気づかないわけです。お詫びメールなりなんなりを早く送るべきじゃないかと思うんですが、まだ来てないんですよね。まあ、色々な意味で「あり得ないな」、という感じです。

と、云う事で。

FirefoxとThunderbirdの最新版が公開されています。リリースノートは適当に探してください。

と、云う事で。

同志社大学今出川キャンパスでの「宗教と社会」学会・テーマセッションも無事終わり、先ほど家に戻りました。準備段階は実にばたばたしていたのですが、予想を遙かに超える人数の皆様が聴きに来て下さいまして、まずは成功かな、と思った次第です。

まあ、志を同じくするもの同士の熱い議論によって、何か新しい視座なりなんなりが生まれる、というような理想的な形にならなかったのはやや残念でした。これは確かになかなか難しいところではあります。

反省点も多いのですが、我々仙台市泉区調査部隊の今後の動向にもご注目下さい。

と、云う事で。

明日から同志社大学で行なわれる「宗教と社会」学会・学術大会の第2日目にテーマセッションで研究報告を行ないます。というわけで、明日から二日間京都入りです。まあ、余り期待しないでください。何しろ体調が悪いんですよ…。

と、云う事で。

私設サイトのCD紹介欄に北アイルランド・スコットランドのバンドSnow Patrolの最新作を追加しています。これはなかなか良い作品ですよ。

と、云う事で。