2007年6月アーカイブ

右メニューとか、右メニューとか、バトルとかを成長しないからどうにもならないような、と
とか書いてみるの♪


*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

森博嗣の小説『スカイ・クロラ』が映画化されるようですね。実写ではなくアニメーションです。公開は来年の夏を予定。ハリウッド資本のワーナーが絡んでいて、制作はI.G.。監督は押井守です。うーん、これは凄いですね。これをもって森博嗣も世界的な存在になるのかも知れません。

既に存在する公式サイトへのリンクを張っておきます。

映画『スカイ・クロラ』公式サイト

ついでながら、小説版の「スカイ・クロラ」シリーズの第5弾にして最終刊『クレィドゥ・ザ・スカイ』の単行本が中央公論社から刊行されましたね。暇がないので購入&読解は少々ペンディングです。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、舞城王太郎の中・短編集『みんな元気。』を追加しています。『阿修羅ガール』第2部、という感じのとてもキュートな作品です。是非ご一読を。

と、云う事で。

久々にDLし直してインストールしてみたところ、ちゃんと動きました。どこか直したんでしょうね。ついでに言いますと、日本語表示もキチンと出来ているように見えます。少なくとも、私の公式サイト、このブログ、Yahoo!Japanがちゃんと表示されるのを確認しました。

以上、続報でした。

と、云う事で。

またまた研究情報です。

本日の午前中は梅雨らしからぬ大雨の中、ご近所の神社で行なわれた「お田植祭」を見学して参りました。小学生の「早乙女(さおとめ)」10数名が、神社の横にある田んぼ=斎田で田植えをする、という行事で、この神社で行なわれるのは今年が初めて、となります。

これと同じかあるいは類した行事は、各地で行なわれてきたものの生業構造の変化、機械化、そして人口構成の高齢化などの理由で廃絶したところも多いだろうと思われるものなのですが、これが何故この地で今年になって新たに行なわれることになったのか、というのは人類学的に言っても大変興味深い事柄なわけです。祭というのは、ある意味社会を写す鏡のようなものとも考えられますからね。

さてさて、実のところ、この神社が総鎮守である私もその一角に住んでいる旧玉垣村の各集落では、1950年頃から長きにわたって激しい人口流動が続いた結果として、祭・行事などが、廃絶したり、何とか維持されていたり、とても盛んに行なわれていたり、更にはまた新たに創出されたり、といった大変なヴァリエーションをもって変化を遂げている、というのがここまで3ヶ月暮らしてきた上での実感です。仙台市近郊のある地域でも、各集落では微妙な差異をもってそうした変化は起きてきたのですが、ここに比べれば一律性はかなり高い、ということが言え、それは何故か、というのはとても面白い研究テーマなのではないかと考えています。これはまだ未開拓である別のフィールドも視野に入れながら、一つの長期的なテーマとして追求してみようと思います。

と、云う事で。

本日は研究の一環で山登りなどを。伊勢市にある朝熊山という山です。アサマヤマと読みます。民俗学をかじっている人の間ではかなり有名です。標高は555メートルとそんなに高くはありません。近鉄の朝熊駅から大体1時間半ほどで頂上に着きます。初心者・高齢者の登山にはちょうど良い山です。

さてさて、この山は古くから霊山として知られておりまして、頂上には金剛證寺という極めて大きなお寺があります。まあ、そんなわけで前々から登ってみたかったのですよ。来週の水木金に大きな行事=開山忌があるのでとても行きたいのですけれど、一応会社員なのでそうもいかず、致し方なく本日登ることにしました。実はそういう人が多いみたいで、参詣者はかなり多かったですね。

今抱えている最大のテーマが、霊山信仰なわけでありまして、その一環でこの山でほぼ毎日行なわれているタケマイリという習俗について調べ始めてます。要するに、伊勢・志摩・鳥羽辺りでは、人が亡くなって葬儀が終わると、あるインフォーマント曰く「その足でこの山に来て塔婆(トウバ)を立てる」わけです。大体これ位の範囲ですと1日に1人は亡くなりますから(正確な数字を知りたいですね。)、「ほぼ毎日」、となるわけですね。そして、上述の開山忌の時にこれをお参りする、というのもこの習俗の一要素となっていて、それで今週末から来週末くらいはかなりの賑わいになるわけです。

asama_mt_touba.jpg

付け加えますと、上述の塔婆の多くが実はとんでもない大きさのもので、最大で26尺=約8mあります。写真をたくさん撮ってきたので、いずれ私設サイトのギャラリに載せます。ここには1枚だけ載せておきます。

最後になりますが、お願いなどを。結構忙しい身なので、例えば上のように大事な行事を学生時代とは違って手軽に見ることも出来ず、実のところ調査活動においてはかなりの苦戦を強いられています。更に言いますと、時間的な制約も大きいのでより効率的な聴き取り調査をのぞんでいたりもするわけです。そういうわけで、タケマイリやその周辺の習俗等々に関する情報を提供してくれる方を探しております。何卒よろしくお願い申し上げます。

そんなところで。

広いソロや大きいクリスをヴォーカリストであるクリス・
コーネル(ChrisCornell)
によるソロ作「キャリー・」
オン
を追加しています
期待を裏切らない、とても充実した内容を持つ作品に仕上がっています
期待を裏切らない、とても充実しています


と、云う事で


*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

私設サイトの書籍紹介欄に、伊坂幸太郎による第132回直木賞候補作『グラスホッパー』文庫版を追加しています。鈴木、鯨、蝉、そして「押し屋」というう「殺し屋」達の生きざまを独特な筆致で描いた作品です。是非ご一読を。

と、云う事で

私設サイト音楽活動欄を更新しました。17日に行なわれた三重県合唱祭で、こちらでの記念すべき初舞台を踏んだことを報告しています。

8月9月にはコンクール予選があり、10月頭には台湾公演、10月21日には定期演奏会と、何とも慌ただしいスケジュールなのですが、研究活動や仕事とうまく折り合いを付けつつがんばって参りますのでご期待下さい。

と、云う事で。

右メニューに実装しているブログバトラーですが、先週からβ3に移行していますね。本日気付きました(遅…)。

イヴェント・バトルとやらがあってやってみたのですが、勝てません。成長しないからどうにもならないような、と。どうなんでしょう。

と、云う事で。

私設サイトの映画紹介欄に、デイヴィッド・フィンチャー監督の最新劇場用長編映画『ゾディアック』を追加しています。既に触れたとおり実際に起きた余りにも有名な事件を扱ったものですが、適度な抑制と、適度な脚色のバランスが見事だと思いました。何ともうまい監督です。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、笠井潔の作品『鮮血のヴァンパイヤー 九鬼鴻三郎の冒険1』を追加しています。「九鬼」という名字、あるいは「九鬼水軍」と言えば三重県の伊勢・志摩地方やら熊野やらが思い浮かぶわけですが、私はと言うと図らずも伊勢・志摩地方、特に朝熊山近辺やあの山を中心とした信仰について深く考えようとしているところなのでした。ちなみにこの作品にも、冒頭部に熊野から吉野辺りの話が出て参ります。

と、云う事で。

うーん、終わってしまいましたねぇ。そこまで力の差があったのか、という感じですが、今年のNBAファイナルズはサン・アントニオ・スパーズの4連勝であっさりと終了。MVPは天才ポイント・ガードのトニー・パーカーが射止めましたが、彼はその英語圏生まれっぽい名前に反して実はフランス出身。どうやらヨーロッパ出身のプレイヤがファイナルズのMVPを獲得したのは初めてのことらしいです。大したものですね。

今回スパーズにボロ負けを喫したキャヴァリアーズや、スパーズが最も苦しんだ好敵手であるサンズ、あるいはまたプレーオフ初戦で敗退したマヴェリックスやヒートが、来年どう巻き返してくるのか、という辺りに興味が移ってしまいますね。秋からのシーズンが楽しみです。

と、云う事で。

名古屋大学の、ランチに議論したかったの♪


*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

先週末は色々なイヴェントに参加してきました。まずは土曜日。はしかのため先月一杯休校となっていた駒澤大学で行なわれていた「宗教と社会」学会の学術大会へ。2週連続の学会参加ですが、最近アカデミズムからはやや離れがちな私としては今回もとても良い刺激を受けました。

実のところ全く学術的ではない発表も少なからず見受けられたのですが、質疑時間が長いこの学会ではその辺りのことがキチンと指摘されるようになっていて、うまく機能しているな、と思いました。発表に関して特に事前審査のようなものがないにも関わらず、毎回程良い人数に抑えられているのもこの学会の良いところで、全体としてのクォリティの高さは保たれているように感じました。

懇親会+二次会の後、あたふたと実家に戻ってサーバからデータを吸い上げたりし(眠りについたのは3時過ぎ)、日曜日は北区の「北とぴあ」というところで行なわれていた合唱祭へ。私が加入した団体が出演したのですが、この企画、かなり面白いものでした。

「第8回北とぴあ合唱フェスティヴァル JCDA合唱の祭典2007」の中の「世界の現代(いま)を聴くVol.1」という部会なのですが、日本の合唱団7団体が、アジアやヨーロッパなど世界各国の合唱曲を歌う、というもので、明確なコンセプトと、各団体の技術の高さや選曲の良さが相俟って、大変素晴らしい企画になっていたと考えます。

第2回があるとすれば、諸外国の団体を幾つか招聘することと、部分的に国内団体とそうした団体とのコラボレーションなどが行なわれると面白いのではないか、と思った次第です。まあ、資金の調達やスケジュールの調整などが極めて大変ではありますけれど。前者については、文部科学省や各国大使館を動かすのも手かも知れませんね。

と、云う事で。

既に書き込んだようにこのブログはロリポップ・サーバに移動したわけですが、その時にはMovable Type 3.35のシステムをアップ・ロードしました。それ故、3.17の頃に始めたブログなもので、当初は生成されていたRSS1.0のファイルが、作られなくなってしまっていたわけです。幾つかのサイトではこれを使っているようなので、生成するように手直ししました。やり方は下記のリンク先に詳しく書いてあります。

RSS1.0テンプレートを追加する

と、云う事で。

先週末から始まったNBAのファイナルズですが、スパーズが3連勝で早くも王手をかけちゃいました。まあ、予想通りと言いますか…。

次の試合は明後日で(向こうの時間で14日の夜)、週末を待たずに終わってしまう可能性が高いです。1試合も生の時間帯で見ることなく今年のファイナルズは終わってしまいそうですね。まあ、やむを得ません。これをクリアするには、仕事を変えるか、あるいは辞めちゃうか(それはあり得ませんけどね。)、欧米辺りに住むしかないわけです。

と、云う事で。

基本的にMac用のブラウザであったSafariですが、Windows版が出ています。取り敢えずApple社のサイトへのリンクを。現時点ではSafari 3 Public BetaというヴァージョンをここからDLできます。

Safari

早速DLしてインストールしてみたのですが、動きませんでした。DLミスったか?と思い、やり直しましたがダメ。原因の解明には時間がかかりそうな気が…。

最近はウェブ・サイトのデザインみたいなことはしていないのですが、自分の作ったサイトやブログがMac上でどう見えているのか、というのは結構気になることで、SafariがWindows上で動くのは色々な意味で便利だったりするわけです。ううむ、動いてくれないかなぁ…。

と、云う事で。

先ほど帰宅して、自宅サーバが動いていることを確認しました。ルータの異常か何かでIPアドレスが変わってしまったようですね。ほぼ固定IPアドレスのため、DiCEを動かしていなかったのが仇となりました。

まあ、しばらくこちらには戻れそうにないので、Linuxマシンの電源は落としていこうかとも思います。ネーム・サーバ情報を書き換えて、DiCEを動かせば良いのですが、いつ落ちるとも知れませんので。

更に、ですが、ブログ及びウェブサイトの外見などは元の形に戻しました。ちょっとだけ変わってますけれど。

と、云う事で。

このブログは先週からロリポップ・サーバに入れているわけですが、どうも、新規投稿や再構築で500エラーが多発、また、pingがキチンと打てていない、といった現象が出ています。端的に重いから、ということらしいのですが、これに対しては対策を述べている方もいます。リンクを張っておきましょう。

ロリポップ MT 重くて500エラー解決方法

ホンの少し対策してみましたが、どうなんでしょうね。どうにもうまくいかないようならハッスルさんに移るしかありませんね。

と、云う事で。

私設サイトの音楽CD紹介欄に、AUDIOSLAVEのヴォーカリストであるクリス・コーネル(Chris Cornell)によるソロ作『キャリー・オン』を追加しています。期待を裏切らない、とても充実した内容を持つ作品に仕上がっています。

と、云う事で。

右メニューに置いてある、たまにエントリなどを投稿してくれるブログパーツのBlogPetですが、サーバを買えた途端に投稿してくれなくなっていました。設定を色々といじって、ようやく動き出した模様です。結構難しかったですね。テスト投稿でもエラーが出まくってました。

と、云う事で。

今日は、模様とかをリリースしたかった
マックハリイが、ネットで広い模様とか書いてあるページへのリンクを張っておきます
サイトや大きい最新とか書いてある
マックハリイは、模様と広い模様など使えない
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

このブログでも使わせて頂いているMovable Typeの最新ヴァージョン4が間もなくリリースとなる模様ですね。既にベータ版が配布されていますが、公開にあたっては十分に注意すること、商用サイトにはまだ使えないこと、がアナウンスされています。あんまり暇じゃないのでテスト用のブログをこしらえたり、あるいは今の環境をバックアップしてインストールやら設定やらを出来る状況じゃないんですけどね…。取り敢えずベータ・テストに関する情報が書いてあるページへのリンクを張っておきます。

Movable Type 4 の公開ベータ・テスト

と、云う事で。

私設サイトの音楽CD紹介欄に、リンキン・パーク(Linkin Park)の記念碑的傑作『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』を追加しています。正直なところオリコン1位には驚いた次第ですが、ここまでやれば当然かも、という位の大変な作品に仕上がっています。

と、云う事で。

サーバを移転したので、自宅サーバでは出来ていたGoogleSitemaps自動生成・自動送信が出来なくなってしまったわけです。まあ、出来るのかも知れませんけれど…。

そこで利用し始めたのがGoogle Sitemaps 用XML自動生成ツールというもの。下記リンクの場所にあります。簡単ですね。

Google Sitemaps用XML自動生成ツール

ウェブサイトの方はそれほど更新量が多くないので、この半手動のやり方でもそれほど苦にはなりません。ついでながら、ブログの方は以前にも使っていたプラグイン=MTGoogleSitemapsPingを入れて自動化を図りました。まだまだ手直しするところが多いですね…。

と、云う事で。

私設サイト音楽活動欄を更新しています。私が加えて貰った団体=ヴォーカルアンサンブル≪EST≫が出演する、東京の北とぴあで週末に行なわれる音楽フェスティヴァルに関する情報を書き込んでいます。詳しくはそちらをご覧下さい。

と、云う事で。

ぬう。NBAの東カンファレンスですが、ピストンズが敗退し、キャヴァリアーズが栄冠を手にしてしまいました。いやはや、これは予想外ですねぇ。

まあ、キャヴァリアーズのエースであるレブロン・ジェームズもこれで真のスーパー・スターに一歩近づいたように思います。スパーズは強いんで、キャヴァリアーズがファイナルズを制覇するのはかなり大変だと思うわけですが、どっちにせよ良い試合になることを期待しましょう。ファイナルズは向こうの時間で7日からです。

と、云う事で。

昨日は日本文化人類学会の第41回研究大会に参加すべく名古屋大学へ行って参りました。まずは改装中のエントランス付近の写真などを。地下鉄の駅がやけに新しい気がしたのですが、実は名城線の砂田橋-名古屋大学駅間が2003年12月、名古屋大学-新瑞橋駅間は2004年10月にそれぞれ開通したとのこと。ついでながら、これによりこの地下鉄路線は全国初の環状地下鉄線となった、ということです。

さてさて、肝心の研究大会ですが、会社員をしながら一応人類学をやっている私にとっても良い刺激となりました。ただ、特に目立ったトレンドというものが無いように思ったのと、研究報告とは言い難いものがまかり通っている、という感想を抱きました。

前者については別に気にする必要はないと思うわけですが、後者については大きな問題ではないかと考えます。要するに、自分のやっていることが研究史上どういう位置にあって、そこではこれまでにどういう見解が出されてきたのか、ということがキチンと語られていない、あるいは、ある社会現象や文化事象について語る際にそういったものが置かれた文脈について触れないために、あるいはそちらばかりに触れすぎるために、どうにもピンぼけな感じの報告に成り果てている、というものが目立ちました。また、時間を超過しながらも問題の所在と結論が明確に示されていない報告が大多数で、質問や議論を初めから放棄しているのでは、という印象を持った次第です。

正直なところ、十分な準備が出来ないのだったら発表しない方が良いと思います。そうすれば、発表者が減ることにより一人あたりの発表時間と質疑応答=議論の時間が増えて学会全体が活性化するでしょう。来週参加する予定である「宗教と社会」学会の学術大会にはそういうポリシィがあってとてもうまく機能していると考えています。ご参考まで。

さてさて、最後になりますがお昼ご飯は名大生協でのランチでした。森博嗣の作品に登場する場所での食事なので、写真も撮ってしまいました。そもそも研究大会が行なわれてたのがどういうわけか工学部の建物だったのですが、建築学科なり環境学研究科なりの場所は良く分かりませんでした。何しろ広すぎるもので…。

と、云う事で。


Firefoxの最新ヴァージョン2.0.0.4がリリースされています。いつものことですが、マイナ・チェンジなので特にリリース・ノートへのリンクは張りません。

と、云う事で。

昨日になりますが、サン・アントニオ・スパーズが西カンファレンスでの優勝を決めました。4-1という結果ですが、圧倒的、という感じでしたね。ダンカン・パーカー・ジノビリの黄金トリオは健在です。これは2年ぶりのファイナルズ制覇が濃厚なのではないでしょうか。

東側は激闘。正直キャヴァリアーズがここまでやるとは思っていなかったのですが、現在2-2のタイになっています。あと数日でこちらも終了し、いよいよ来週はファイナルズ開始ですね。

と、云う事で。