2011年11月アーカイブ

去る11月15日、勝鬨の第一生命ホールで行なわれました、日本音楽集団の第204回定期演奏会『トリトン・アーツ・ネットワーク創立10周年記念共催公演さらに響き合う明日へ ~栗山文昭氏を迎えて~』に出演して参りました。

詳しい情報は下記リンク先にありますので是非ご覧頂きたいと思います。

日本音楽集団の第204回定期演奏会

我々が加わったのは終盤2曲及びアンコール、でした。即ち、

三木稔作曲:くるだんど ~奄美の旋律によるカンタータ~(1963年)

川崎絵都夫:梁塵秘抄 ~歌謡のルーツを歌う~(委嘱初演)

と、アンコールの

寺嶋陸也:星のうつくしい村

です。

日本音楽集団とは、1964年創立の現代邦楽を主なレパートリィとする演奏団体です。さすがにプロフェッショナルな皆さんなので、技術は非常に高いと思いました。共演させて頂き本当にありがとうございました。

『くるだんど』は、5月に演奏した間宮芳生の『コンポジション』9番、14番と並んで、今年歌ったものの中でも非常に思い出深いものとなりそうな素晴らしい楽曲。個人的には、暗澹とした中に光を鋭く投げ込むような、そんな演奏を目指しましたが、いかがでしたでしょうか。

川崎絵都夫さんの曲は、とにかくダイナミクスと言葉のニュアンスにこだわりました。アンコール曲は非常に好きな曲ですので、2ヶ月ぶりに再演出来てとても嬉しかったです。今回の演奏は非常に安定してましたし。

そんなところです。普通に音楽活動をしていてもなかなかこういう機会はないわけで、非常に貴重な体験が出来た、そしてまた勉強になった、と思います。関係者の皆様、繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。

と、云う事で

私設サイトの音楽CD紹介欄に、英国のバンドCOLDPLAYの新作『MYLO XYLOTO』を追加しています。

意味不明なタイトルを持つこの作品、期待通りの出来映えとなっています。期待を超える、という感じではないのですが、それを言うのは酷、かも知れません。何しろ前作が凄かったですからね。完成度でもセールスでも。

個人的には、時折出てくるいかにもEnoっぽい音が好きですね。

と、云う事で。

去る11月12日(土)、タイトルの演奏会を聴きに、川越まで足を運んで参りました。

同じ合唱団の方が関わっている関係ですが、要するに合唱の授業での成果を発表する演奏会になります。器楽の方も入っている、というかそちらの方が多いはずですので、皆さん必ずしも本格的な合唱経験があるわけではないわけですね。それでどのくらいのことが出来るんだろう、と思っていたのですが、その実かなり楽しめました。

いやー、それにしてもこれだけの人数、部分的にはかなり背伸びした感じのある選曲等々、まとめ上げるのは大変だったのではないかと思います。ご苦労様でした。更なる進化を期待してしまいます。

各学年ごとの演奏になりましたが、どれも大変充実したものでした。とりわけラストステージである4年生の演奏が非常に良かったですし、面白かったです。プログラムにない『追分節考』と、信長貴富による『東北地方の三つの盆歌』、という選曲。

どちらも余りにも素晴らしい演奏だったのですが、どうやらつい先だってブダペストで演奏してきたようですね。それは練習量が他の学年とは違うわけでしょう。ちなみに後者は日本初演になるのでしょうか。そうですねぇ、こういうのを聴くと思うのですが、信長氏がどんどん凄い人になっていっているのが分かりますね。出版が待ち遠しいです。

と、云う事で。

去る11月6日(日)、三重県の文化会館大ホールで行なわれておりました、Vocal Ensemble 《EST》の第19回定期演奏会を聴いて参りました。題して、「繋がる絆 ~震災復興への祈り~」、です。

プログラムをみますと、私がいたころから比べてかなりメンバが変わっていることが分かりますが、端的にテナー増えすぎじゃない、とか思ってしまいました。一体何が起こったんだ(笑)。

それは兎も角、簡単に感想などを。

全体は5部構成です。最初は「人類の祈り」。宗教曲3曲ですね。まずはジョスカン・デ・プレのミサ曲から"Gloria"。男声のみ。これがひどかった(笑)。完全な失敗演奏でした。良いとこなし(笑)。気を取り直してコンクールでやるのだろうJ.ファートの"O quam gloriosum"へと。これはさすがに安定感のある演奏。そして次。女声による鈴木輝昭"Ave Maria"。素晴らしかったですね。前にもやった曲ですが、見事な演奏でした。

第2ステージは「岩手から」。曲は鈴木輝昭の『混声合唱のための組曲 原体剣舞蓮』。かねてからレコーディング作業を行なっていたものですね。宮沢賢治の長い詞章は覚えるのが困難だったようで、大部分が譜持ち。これ、ESTの演奏会ではかなり珍しいことです。私は初めて見ました。逆に言いますと、演奏は非常安定していて、言葉も良く分かりますし、アラもすくなかったように思いました。個人的にはこれがこの日のベストステージ。

第3ステージは「To Hope」。E.ウィテカー特集です。6月の北とぴあで演奏したものに、Animal Crackers vol.2からの3曲が加わりました。基本的にはコンクールで演奏されるもの、となります。さすがにこの辺はお家芸。ただ、"Animal"の寸劇でDちゃんが目立ち過ぎなのはどうなのだろうか、と。コンクールのDVDに残っちゃったりするんですよね、これ。金賞とったらだけど。

第4ステージは「鳥取から」。松下耕の『混声合唱のためのコンポジション 日本の民謡 第7集』、です。鳥取民謡をモティーフとした結構大変な曲。いつになく組曲を全曲きちんとやるポリシィに変化を感じつつ、輝昭曲に挟まれると何となく簡単そうに聞こえてしまうという恐るべき現実を直視しつつ、聞き終えました。安定した演奏ではありましたが、実はこの辺りからそろそろ疲れが感じられ始めました。ついでに言いますと、もう1割か2割、松下氏の合唱団が持っているようなエネルギッシュなところがあっても良いんじゃないかな、と思いました。

第5ステージは「宮城から」。鈴木輝昭氏の故郷ですね。曲は『無伴奏混声合唱のための 斉太郎節考』。タイトルはもうちょい長いんですが割愛。大変そうに演奏されてましたが、実際大変な曲、というよりはそもそも演奏会の構成に無理があったんじゃないかと思いました。第4ステージまでで限界だったんじゃないかな~、などと。この分量だとほぼ暗譜無理だし、集中力も切れてくるし、声も持たないでしょう。良いコンディションで是非再演を、と思いました。

その後アンコールやロビーでの演奏などもありまして、終了。打ち上げが津駅近くのホテルで行なわれまして、これに参加しました。取り敢えず来年7月の渡仏には基本的に同行することを宣言してきましたが、結構キッツイですね。善処します。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、有川浩による図書館戦争シリーズ第4弾にして完結編、『図書館革命』文庫版を追加しています。

『図書館戦争』から始まったこの物語もいよいよ終盤へ。ここでもまた「問題あり」とされる書物を著した作家の処遇を巡り、良化隊と図書隊が暗闘を繰り広げます。そんな暗澹とした展開の中、様々に花開きつつある恋の行方も描かれていきます。

エンターテインメント小説としての完成度、そしてまた適度に啓発的なこと等々、非常に優れた作品だと思います。長大な作品ではありますが、リーダビリティは極めて高いのであっという間に読んでしまえることでしょう。是非ご一読の程。

と、云う事で。

昨年に引き続き行なわれました、栗友会のぶてぃっくコンサートvol.2に足を運んできました。日時は11/4(金)、場所は代々木のオリンピックセンタ内にある小ホールです。

今回は、童謡を基調とするラインナップ。上島喜栄子さん緑さん親子による共演ステージ、海藤晴子さんとそのサポート部隊である男声コーラスグループ「8マンスーパースター」のステージ、8マンによる単独ステージ、そしてラストは海藤さんによるソロステージ、という構成でした。

円熟味と暖かみのある、そしてまたそれぞれ丁寧に歌いこまれた楽曲群は、それはそれは感動的なものでした。いつも一緒に歌わせて頂いている8マンの皆さんも、それぞれが持つ個性を存分に発揮しておられました。

というような具合で、秋の夜長に相応しい、非常に愉しめるコンサート、でした。ありがとうございました。

と、云う事で。

去る11月4日(金)、夜のコンサート鑑賞を前に、初台のオペラシティ・アート・ギャラリにて、「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」というエキシビションを鑑賞しました。簡単に報告などを。

出品者は、アンリアレイジ、サスクワァッチファブリックス、ソマルタなど10組のデザイナ、アパレル、その他となります。

各ブースは、衣装、を展示の基本に据えながら、それをある環境やコンセプトの元に置いてみる、そしてそこに鑑賞者を投げ込むことで何が起こるか、というインスタレーションになっておりまして、どれも非常に興味深いものでした。

そもそも何かを着る、身にまとう、という行為は、単に身体的というだけではなくて、極めて社会的、あるいは政治的ですらであると同時に、極めて環境的、端的に言えばエコロジカルなものなワケです。各ブースを眺めつつ、そんなことを再認識しました。

会期は12月25日まで。興味のある方は是非お立ち寄りになって下さい。色々インスパイアされること請け合いです。

このエキシビションの概要については、極めてスタイリッシュな下記サイトをご覧になるとよろしいかと思います。

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

と、云う事で。

aristohall_20111103_01.jpg去る11月3日(木・祝)、南青山のアリストホールというところで行なわれておりました、横浜ミュージックアカデミーの第2回秋の音楽会、というものを聴いて参りました。会場はこんな感じ。ピアノはBösendorferです。ステキ!

それはおくとしまして、まあ、要するに甥っ子が行っている関係です。

開演は14時。出演者は14人ですので、学校の規模を考えるとどう考えても生徒さん全員が出ているわけではありません。各教室で、各学年みたいな形である程度選抜されているんじゃないかと思いました。基本的に演奏レヴェル高いんですよね。

甥っ子はシベリウスとドビュッシィというラインナップ。その後演奏会はショパン、シューマン、リストというロマン派に流れていきましたので、結構異彩を放っていて良かったんじゃないかと思いました。しっかり練習できていたしね。私とは大違い(笑)。

ちなみに、皆さん大変良い演奏をされていたんですが、特に最後の3人くらいは本当に上手な皆さんで、それぞれ超難曲であるショパンのソナタ第2番の第1楽章、リストのタランテラ、シューマンの謝肉祭から抜粋を弾いておられました。

その中でも、トリを務めた方はかなりの逸材なのかも知れません。と思って調べてみたんですが、この人既に著名人だったり?ネット上に映像かなりありますね。適当にググってみて下さい、多分見つかりますよ。

と、云う事で。

11月1日(火)、初台のオペラシティにある近江楽堂という小規模ですが素敵なホールで催されました、「あなたの瞳 ~17世紀イタリアの二重唱~」というコンサートを聴いて参りました。

歌い手は山本富美、山内房子というソプラノ2名、そしてリュート演奏が金子浩、でした。

概ねバロック初期(こういう区分けは後世のものなんですけどね。)の音楽ですので、楽曲構成は基本的に2声のポリフォニーということになります。そうですねー、こういうの好きなんですよね。

様々な作曲家の曲が取り上げられましたが、B.ストロッツィですとか、S.ディンディアですとか、C.モンテヴェルディですとか、M,マラッツォーリですとか、L.ロッシですとかそういう方々ですね。うーん、世の中には色々な曲があるものです。勉強になりました。

また、二人とも本当に素晴らしい歌い手でございまして、日夜研鑽に研鑽を重ねておられることが良く分かりました。誠に頭が下がります。私自身も精進に努めたいところです。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、有川浩による図書館戦争シリーズ第3弾、『図書館危機』文庫版を追加しています。

言葉狩りの是非を問いつつ、終盤では物語の中でも大きな意味を持つ「茨城県展警備」のエピソードが描かれます。重たいだけではなく、恋も笑いもあるエンターテインメント作品に仕上がっています。実に見事なものだと思います。

次はいよいよ完結編の第4巻です。

と、云う事で。

yokohama_20111029_01.jpg去る10月29日(土)、30日(日)に横浜のみなとみらいを中心にして行なわれておりました、コロ・フェスタ2011に参加して参りました。以下ご報告を。写真は馬車道とか日本大通りとかその辺のいかにも横浜な感じの建物です。

29日はお昼過ぎから街角コンサート。私は、翌日メインコンサートで歌うために結成されたChoer KaKuriKyoの街角コンサート版小ユニットTeam Machi-Kakyoでの出演。3カ所で歌いましたが、曲はG.P.daパレストリーナの"Sicut cerbus"、J.ブストの"Ave Maria"、寺嶋陸也編「故郷」、竹内一樹「ここ」、といったラインナップでした。

ちなみに、栗友会に入ってから、ルネサンス曲を歌ったのは実にこれが初めてのことです。

その後みなとみらい大ホールに入りまして、全体合唱で歌う新実徳英の「つぶてソング」を練習し、夜は中華街のホテルで前夜祭。ここでは出番無し、でした。カロスは基本出ないのかな、などと。まあ、良いんですけど(笑)。

実は火曜日くらいから風邪の影響なのかお腹が痛くてですね。ビールも飲めませんでしたし中華料理もたくさんは食べられませんでした。ちょっとつらかったな~。

翌日はメインコンサート。11時スタートで19時くらいに終わります。長いですね。私はみなとみらい館長である池辺晋一郎作曲の『飯豊山』から3曲を歌うユニットと、上記CKKで出演しました。後者について言えば、武満ソングブックを寺嶋陸也が編曲した4曲を歌いました。

大体こんなところです。

付け加えておきますと、今回は結構練習しましたね。回数はそれほど多いとは言えなかったのですが、割と中身の濃い練習ができていたように思いました。そんなおかげもありまして、結構良い演奏だったんじゃないかな~、と。いかがでしたでしょうか。

もう一個付け加えておきますと、街角コンサートの方はあんまり練習できませんでした。全員集まったのは演奏のタイミングだけ、だったんじゃないかな。様々な企画が同時進行してましたので、これは致し方ないところかも知れません。

と、云う事で。