2012年12月アーカイブ

既に書き込みました通り、12/22-24は新日フィルの『第九』演奏会に出演しておりました。簡単にご報告を。

二日目までがすみだトリフォニーホール、三日目が改装されたオーチャードホールでした。どの演奏会も、14時開演でしたので、集合時間はやや早め。しかし、反対に終わりも早いのです。夕方から、割と有意義に時間を使えました次第。

演目は『第九』の他に、二日目からはマックス・レーガーの『7つの宗教的民謡』から、6.「おおいとしきみどり児、やさしきイエス」が冒頭に入るプログラムでした。クリスマスですからね。暖かい雰囲気を出すように心がけましたが、いかがだったでしょうか。

今回は台湾からお越しの呂紹嘉(リュウ・シャオチャ)氏が指揮をして下さいましたが、『第九』は日に日に指揮に慣れていくといいますか、まあ、要するにこなれていきます。実はその分角が減ったりするところもありまして、じゃあ何日目の演奏が1番良いんだろうな~、なんてことを考えていました。

なお、三日とも、お客さんは大勢入っておりまして、大入り袋が出ました。前回いつだったんだろう、なんて話をしてましたが、いつだったんでしょうね。

最後になりますが、寒い中をご来聴頂いた皆様、誠にありがとうございました。

次回出演は、12/31。『宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団 コンチェルタンテ・スーパー
チョー年越しコンサート2012→2013』となります。昨年も出演しましたが、出演している方も楽しかったです。是非ご来場下さいませ。詳細は下記にあります。

チョー年越しコンサート2012-2013

と、云う事で。

本日(12/22)から3日間、ここ数年恒例となっております『第九』演奏会に出演します。一応データを。

演目:L.V.ベートーヴェン作曲『交響曲第9番ニ短調合唱付き』op.125など
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:リュウ・シャオチャ(呂紹嘉)
ソリスト:S天羽明惠、A加納悦子、T永田峰雄、Bキュウ・ウォン・ハン
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭

演奏日程は以下のようになっています。
12/21(金)、22(土)、23(日):14:00開演 @すみだトリフォニーホール
12/24(月祝): 14:00開演 @Bunkamuraオーチャードホール
12/25(火): 19:15開演 @サントリーホール

今年は5公演もあります。取り敢えず、平日は厳しいので断念しました。とは言え、休日もそんなに楽ではないのですが...。

いずれにしましても、時間その他に余裕のある方、是非ご来場下さいませ。以下に新日フィル公式へのリンクを貼っておきます。

21、22日分

23、24、25日分

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、誉田哲也による長編作品『主よ、永遠の休息を』文庫版を追加しています。

オリジナルは2010年刊行、とは言え、基本的には習作時代に書いていたものを改稿したものということらしいです。可能だとは思いますが、今のところシリーズ化には至っていません。

物語は、平成の頭に実際に発生したものと良く似た事件をメイン・プロットにしていますが、事件の当事者や、報道に関わるもの、あるいはまたそれを読むもの、といった多様な視座から語られていきます。とは言え、さほど複雑な話にしていない分、この作家のものの見方、考え方がストレートな形で良く伝わってくるように思います。

と、云う事で。

私設サイトの映画DVD紹介欄に、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演による何本目になるかわからない映画『ダーク・シャドウズ』を追加しています。

メイン州を舞台とした、ヴァンパイアものゴシック・ホラーにしてちょっとファミリー・ドラマが入った作品です。まあ、いかにもティム・バートンですね。これはこれで、良いのではないかと思います。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、平山夢明による長編『DINER(ダイナー)』を追加しています。

第13回大藪春彦賞、第28回日本冒険小説協会大賞受賞作です。グルメ小説にして、クライム・ノベル。会員制のダイナー=キャンティーンを舞台に、悪夢のような世界が展開します。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、現代美術家・会田誠によるエッセイ集『カリコリせんとや生まれけむ』文庫版を追加しています。斎藤環による解説付きです。

面白いですね。色々とパースペクティヴが拡がる感じでした。その活動をちょっと気にしていたい人物の一人です。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、三津田信三による「刀城言耶」もの第2長編『凶鳥(まがどり)の如き忌むもの』文庫版を追加しています。

第4長編に続く文庫化です。順番は逆転しましたが、特に問題ありません。内容を考えると、一番最初でも良かったかも、と思いますが。非常に良く出来たミステリ作品なので、是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイトに、奥泉光によるロマンティシズム溢れる長編ミステリ『シューマンの指』文庫版を追加しています。解説は片山杜秀氏が書いています。

そうですね。一昨年はシューマン生誕200年だったんですね。それを記念しつつ、講談社創業100周年も記念しての単行本刊行が2010年でした。

基本的にミステリ色が濃いですが、そこはこの作家。書き込まれた蘊蓄がただ事ではありません。ちょっとは音楽に造詣、少なくとも興味がないと厳しいかも知れないですね。まあ、そこは飛ばして物語だけを堪能するのも良いかも知れません。

ちなみに、こういう本を読むと、ピアノが弾きたくなってしまいますね。まあ、Eva:Qもなんですが...。

と、云う事で。

去る11/30(金)、すみだトリフォニーホールで行なわれておりました、アイルランド共和国が誇る世界的な規模で活動するトラディショナル・バンド、The Chieftainsの公演を観て参りました。以下、簡単にご報告を。

今回は10回目の来日で、結成50周年ワールド・ツアーの最後を飾るもの、ということになるそうですが、日本を選んで下さって、ホントにありがたいことですね。この夜の競演はいつもお世話になっている新日本フィル。そして栗友会合唱団、でした。

第1部は彼等のみによるステージ。フル・オケが後ろに入る舞台設定なため、バンドはかなり前の方にいます。上手がダンス場ですので、バンドは下手。私がいたのはB席(3F)の上手側でしたので、演奏する姿はほぼ見えませんでした(笑)。

アイルランドの音楽には随分昔から親しんでおりますし、このバンドも良く知ってますが生で聴くのは初めて。さすがに上手いな~、と思いながら聴いておりました。

そうですねー、こういうアイリッシュ・トラッドな音楽は、基本パブみたいなところとか、屋外などで聴く機会が多かったので、あんなにデカイ箱で聴くのは結構新鮮と言いますか、なるほどなー、なのでした。姿見えないし(笑)。

第2部は新日フィル、そして栗友会合唱団16名との共演(こちらは2曲だけ)です。編成がデカくなりましたので、箱の大きさとサウンドがより良くマッチしましたね。

この第2部、映画音楽その他の映像作品への楽曲提供も数多くしてきた彼等なわけですが、なんとなくどっかの映画の色んなシーンやら、アイルランドの風景などが浮かんでしまう内容で、心地よかったですね。

全体としてオケよりもバンドがメインなコンサートでしたが、最後から2番目の「モーツァルトを讃えて」ではオケとの絶妙な絡みもみせていました。

そんなところも含めまして、色々と見所聴き所が多いコンサートだったんですが、最後の、"Uncle Joe"でのバンド・メンバ全員によるソロ合戦には圧倒されました。さすがに、世界的なバンド。一人一人も誠に卓越したものを持っています。

取り敢えず、ティン・ホイッスルをもうちょい上手く吹けるように精進します(笑)。

と、云う事で。

私設サイトの映画紹介欄に、庵野秀明総監督によるアニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を追加しています。

第3弾ですね。全4部作、なのは変わっていないと思うので、次が完結編になるはずです。

今回はカオルとシンジの関係に焦点が当てられています。こういう、まとまりのある造りって、TVシリーズから一旦離れて、一から作り直さないと出来ないことですよね。

世間の評価は取り敢えず賛否両論な感じもしますが、まあ、兎に角完結編を見てから結論を下しましょうよ。

と、云う事で。