2016年2月アーカイブ

私設サイト書籍紹介欄に、道尾秀介による長編『笑うハーレキン』文庫版を追加しています。

元々読売新聞夕刊に連載されていた新聞小説です。解説は小泉今日子。ややコメディ・タッチの、スリルとサスペンスに満ちた作品で、楽しませていただきました。是非ご一読を。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、島田雅彦によるサスペンス長編『ニッチを探して』文庫版を追加しています。

東京は奥が深いですからね。オリンピック招致で、本書に書かれているような空間も少しずつ失われていくのかも知れません。鋭い文化論・文明批評にもなり得ているこの作品、是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、有栖川有栖による「火村英生」もの4本の中短編からなる作品集『菩提樹荘の殺人』文庫版を追加しています。

現在TVドラマ化が進むこのシリーズですが、斎藤工・窪田正孝で来ましたか、という感じですね。合わせてお読みいただければ、と思います。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、『名探偵に薔薇を』、『虚構推理』などで知られる作家・城平京(しろだいら・きょう)による文庫書き下ろし長編『雨の日も神様と相撲を』を追加しています。

傑作ですね。10年に一本出会えるかどうか、というくらいの作品。文庫で手軽なので是非ともご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、奥泉光著『虫樹(ちゅうじゅ)音楽集』文庫版を追加しています。

久々に純文学ですね。F.カフカの『変身』をベースとし、ジャズが中心テーマ。小説のような、評論のような、何とも形容しがたい作品となっています。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、森博嗣によるWシリーズ第2弾『魔法の色を知っているか? What Color is the Magic?』を追加しています。

講談社タイガでの刊行なので、文庫書き下ろしです。とても面白いですね。あの博士が色々なところで関わってきます。今後の展開はどうなるのか、本書同様、かなり短期間で刊行されるはずの続巻を待ちたいと思います。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、平山夢明による短編集『暗くて静かでロックな娘(チャンネー)』文庫版を追加しています。

『小説すばる』に掲載された、表題作を含む10本が収録されています。時代を活写する、猥雑さと喧騒に満ちた好著だと思います。是非ご一読のほど。

と、云う事で。