« 伊藤計劃『虐殺器官』 | トップページへ | 来場するつもりだった(BlogPet) »

2010年3月18日

円城塔『Self-Reference ENGINE』

私設サイトの書籍紹介欄に、円城塔による衝撃のデビュウ作『Self-Reference ENGINE』文庫版を追加しています。伊藤計劃の『虐殺器官』とともに第7回小松左京賞の最終候補に残った作品で、伊藤のものとは全くテイストの異なるメタ・フィクショナルで文学性の高い、それでいてやはりSFな作品になっています。是非ご一読の程。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年3月18日 22:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1331

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?