語学の最近のブログ記事

国内シリーズはこれで終わりになりますね。いやー、もう1週間で出発なんですね。早いものだ。そして恐ろしいものだ。

そんな第11回は、鈴鹿市内で行なわれておりました、合宿と試演会の模様などについて、ざっと振り返ることに致しましょう。

7月14日:
今回の練習会場は3日間とも白子公民館となりました。11時半頃に着いてみますと翌日に行なわれる試演会の会場設営が終わっておりまして、どうやら近所の皆さんがやって下さったらしい。ありがたいというか何というか。

さてさて、この日のスタートはこれまた大変ありがたい相加先生によるフランス語レクチャ。折しもこの日はフランスの革命記念日でしたが、それは兎も角、このレクチャ、非常に分かりやすいと言いますか、圧倒的に信頼できると言いますか。段々発音が整っていく様がありありと見える有意義な練習でした。

ただ、合宿が終わってからの実感を述べますと、こういう企画をやっても正しい発音に全く近づけない団員が多々いることが非常に心苦しいのですが、ホントに何とかならないんですかね。ちょっと複雑な思いでおります。というか、みんな前置詞とか定冠詞とか代名詞とかちゃんと区別出来てんのかな?複数形と単数形の違いとか。

こんな感じで書いていくと膨大な量になるので以下適宜端折ります(笑)。

その後は翌日の、そしてフランスでの演奏順の練習となりました。練習部屋が翌日の試演会場、な訳ですが、ここがとてつもなくデッド。前回のブルガリア、前々回のトゥールなどの場合は、現地会場がとてつもなくデッドな可能性を想定してわざとデッドな練習場を使ったりしましたが、今回は概ね教会なんですよね。こういう苦しみ方はちょっとキツイぞ、と思いました。

夜の部までで概ね19:30までの練習でしたが、全部はこなせず、翌日に残りをすることになりました。宿泊するメンバは鈴鹿青少年センターに移動です。混んでますね。さすがに3連休、という感じです。

15日:とっとと起きて7:15には朝食。再び白子公民館に集合です。練習は9時から。昨日の続きと、午後の段取りなどを行ないました。今回、試演会ですのでゲネプロやリハーサルのようなものはありません。そのため、1ステージ目や2ステージ目の通し、というのは試演会が最初だったわけです。

お昼ぐらいから各自食事をとりつつ試演会への集中を。開演14:30ですが、結構早くからお客さんがいらしてました。ありがたいことですね。ちなみに、公民館の1階にはESTの海外遠征時などにとった写真を展示しておりまして、これは新聞にも記事として掲載されておりました。

さてさて、試演会は定刻にスタート。まずは小アンサンブルによる"Bonjour mon coeur"です。我々は会場の外で待機。既に暑い(笑)。そして中へ。うお、暑い、これ、しゃれにならないぞ、と思いつつパレストリーナを暑さをこらえつつ歌います。

前半は暑さとの闘いでしたね。私自身は比較的集中できてましたが、さすがに長丁場なステージです(トータル30分以上)。終わりに近い"Ave Maris Stella"は青息吐息、「地上の平和」は息絶え絶え、という感じでした。マジ辛かった。なお、真ん中へんの"Psalm117"では致命的なミスをやらかしました。ご寛恕下さい。

気を取り直して後半へ。でも、休憩はわずかです。

ちょっとだけエアコンを強めたようで暑さは若干和らいでました。しかし、きつさから言えば後半の方がキツイのです。こちら、アンコールまで入れると50分位あるんですよね。そして、中程に「原体剣舞連」という難曲が鎮座しています。

その「原体」、ちょっとテンポが速かったですね。もう少し落ち着いたテンポじゃないと、次のことを考えながら歌えなくなってしまうんですよね。それを言い出すとどの曲もなんですけど、これは特にそう。暑さと疲労の中で歌うにはかなり辛い曲だな、と改めて実感しました。

まとめに入っちゃいますが、暑さのせいもあったのかも知れないけれど、ちょっと興奮した感じの演奏に終始していたように思いました。特に、テンポの速い曲に顕著ですね。どんな曲でもそうなんですが、どこか醒めた目で見ている自分、みたいなものを傍らに置く感じで歌わないと、伝えたいことが殆ど伝わらない演奏になっちゃう気がします。

そうですねー、ここから先で音楽的に詰められる時間というのは非常に限られているわけで、そうなるとそういうコントロールみたいなことが、今回のツアーを成功に導く大きな要素になってくるような気も致します。

終演後は小休止の後、反省やパート練習などを。旧団員、あるいは休団員の貴重なコメントとアドヴァイスもとてもありがたかったですね。心に刻みたいと思います。

その後も色々ありまして、練習終了はなんだかんだ言って20時過ぎ。クタクタになって再び鈴鹿青少年センターへと向かいました。

7月16日:
合宿最終日です。夜は結構遅くまで向井先生部屋で反省会みたいなことをやってたんですが、要するにまだまだやること多いな-、ということになります。さて、この日も朝は7:15から朝食で、練習は9時開始。11:30には旅行会社が来て説明会を始めますので、2時間強。向井先生の手で「ふるさと」、そしてパレストリーナとフォーレをテンポや歌い方を変えたりして練習後、男声練、そして再び向井先生による"Come away"と「地上の平和」の練習で締めくくられました。

合宿終了後には公民館の近くで食事をとりまして、その後津駅前で行なわれておりましたESTアンサンブルトレーナ長島あかね先生が主宰する音楽発表会へと。あかね先生の4歳になったばかりのご子息や、ESTのメンバや元メンバも出演してまして、非常に愉しかったです。真ん中にお楽しみコーナというのがありまして、ちらっと参加しました。人前でピアノ弾いたの久々でしたね(笑)。

と、云う事で。

第6回目です。6月10日の練習の模様やら演奏会の情報などをかいつまんでご報告。

この日は鈴鹿市での練習でした。公民館ですね。私は何とかお昼過ぎには着いて、まずは個人ヴォイトレ。「地上の平和」の跳躍音形をどう歌うか、ってあたりをやりました。まあ、アクロバティック極まりない曲です。一人一人が凄い歌い手じゃない限り35人くらいでは到底イイ音出ません。物凄く努力して、一皮も二皮も剥けないとダメだな~、と思いました。

13時くらいからは1時間ほどパートに分かれての練習。ベースはここでも「地上の平和」です。微妙なピッチを揃えることですとか、歌い方を統一すること、に力を注ぎました。苦労してますが、かなり歌い込まれてきて良い味が出てきています。もう一曲はアンサンブル練習でも取り上げられることになるG.フォーレの「ラシーヌ賛歌」。A.シェーンベルクよりは遙かに歌いやすいけれど、さりとて侮れない曲、です。

そうですね、この曲、今回は恐ろしいことにフランスで演奏するので、そこを真摯に感じないといけないと思いました。せめてもう少しフランス語らしく歌わないと、です。鼻母音とかそういうのは全く意識されていない気がするし、そういう難しいことは措くとしてもそれ以前のディクションがどうにも勉強不足な気がしています。何とかしないとですが私に余裕がないです。

14時からは5時間半くらいにわたるアンサンブル練習。休憩ってあったっけ、という感じでした。この合唱団は大きな本番近づくと大体こうなりますね(笑)。凄い熱気で、外も暑かったのでエアコン入れてました。曲は次週合唱祭で演奏する松下耕「さくら」とJ.ヴォイダ"Psalm117"から始まりまして、その後フォーレからシェーンベルクまで、「1.祈りの作品集」(後述)と題されたステージのものをほぼ網羅しました。ホントは冒頭に来るはずの、復帰後未だに一度も歌っていないパレストリーナはこの日も歌えませんでしたが(笑)。全体として熱く、最後まで集中力の切れないとても充実した練習だったと思います。

さてさて、この日の練習についてはこの位にしまして、上のステージ云々について以下、ちょっと書いておきます。その前に、現地コンサートの情報が少しずつ出て参りましたので、リンクを貼っておきます。

受賞者合唱祭2012

というか、まだフランス語版しかないですね。まあ、大体分かるから良いですけど。この写真使ったのか、って感じですが(笑)。これより全体写ってるやつの方が好きです。私もいるんで(笑)。

肝心の演奏曲目は渡仏直前に行なわれる試演会のデータを見て頂ければよろしいかと思いますのでこちらについてもリンクを。ここに直接貼ってもよいんですが、まあそれは後日に。

Vocal Ensemble《EST》 南フランスコンサートツアー試演会

これをご覧になって頂ければお分かりになりますように、要するに今回のツアーで行なうコンサートは2部構成になってまして、前半が「1.祈りの作品集」で後半が「2. 《EST》コーラスコレクション」となります。前者がほぼ宗教曲で、後者は日本の曲を中心とするアラカルトになってます。

この試演会、鈴鹿市内で7月15日の夜にやります。時間のある方はお誘い合わせの上、是非お越し下さい。なお、入場は無料ですがエントリー制なので事前に連絡する必要があります。取り敢えず私にくれても大丈夫です。

と、云う事で。

suzuka_youth_20120504_01.jpg5/4-6が当初の予定だったのですが、とある事情で3-5に変更。おかげでTokyo Cantatとのやりくりが難しくなってしまいましたが、3日はカロス単独ステージに出て、その日のうちに東海圏に向かうことにしました。名古屋で一泊、と。

なので、私は二日目からの参加です。午前中は京都在住の合唱指揮者・本山秀毅氏によるレッスン。前日の『地上の平和』レッスンがそれはそれは素晴らしいものであったらしく、ちょっと勿体なかったのですが、外国語曲を中心とするこの日のレッスンも非常にためになりました。

外国語曲を中心、といっても、着いてからのしょっぱなは松下耕の『日本の民謡 第7集』から「湯かむり唄」。朝からテンション上げまくりだったわけですが、以後、ハンガリー(生まれはルーマニアのセーケイ人ですが。)のG.オルバーン"Come away"、J.ヴォイダ"Psalm117"、リトアニアのV.ミシュキニス"Sicut lilium inter spinas"及び"Ecce tu pulchra es"、ノルウェイのT.クヴェルノ"Ave Maris Stella"などの楽曲を。

ちなみにオルバーンですが、歌詞はなんと英語です。W.シェイクスピアですね。結構謎な曲(笑)。また、この辺の外国語曲群、基本的にコーラスマスタークラス用とお考え下さい。講師はハンガリーのP.エルデイ氏とのことです。

本山先生が午前中いっぱいでお帰りになり(短い時間の割には色々やりましたね~。)、午後から夜の練習は日本語の曲がメイン。作曲家自身が練習に来られていた関係で山下祐加さんの「私たちはひとりではない」、松下耕の上と同じ曲集から「田植え唄」、同じく松下耕の「さくら」、そして今回一番大変だと思っている鈴木輝昭『原体剣舞連』より「原体剣舞連」、といったラインナップでした。

向井先生による練習だけではなく、団内指揮者ですとか、指揮者を目指すようなメンバによる練習などもありまして、盛りだくさんな内容でした。

個人的には、さすがにまだ楽譜から目が離せませんので、ストレス溜まりましたね。まあ、コツコツやっていくしかありません。

第三日、に続きます。

仕事がらみというかもろもろの事情でバリ語とインドネシア語を勉強し始めています。最近入手した教材を紹介しておきましょう。

バリ語:クタ・アルダナ/鈴木理伊『クタ・アルダナのバリ語会話』めこん、1998、2,000円+税
→非常に良く出来た語学書です。基礎から応用まで、体系的に学ぶことが出来ます。というより、バリ語を学べる本というのはこれ位しかありません。

インドネシア語:ドミニクス・バタオネ/近藤由美『新装版 インドネシア語が面白いほど身につく本』中経出版、2006、1,600円+税
→CD付きです。体系的というよりは実践面=会話に重きが置かれています。読み書きまでやろうとする場合にはもの足りませんね。

と、云う事で。