名古屋市とその周辺の最近のブログ記事

いよいよ佳境に入って参りました、南フランスへの道第7回です。今回は6/17(日)に行なわれた三重県合唱祭と、その前後の練習について簡単にまとめておきます。

さてさて、ESTのメンバは前日から練習に入っておりましたが、私はイクトゥス様の演奏会を聴きに行くという義務がございますので、お休み。17日のお昼前からの練習参加となりました。何せイクトゥス様とは来年ジョイントですからね。私はどう関われるか謎ですが。

それは兎も角、17日は朝6時半くらいに海浜幕張駅を出まして、一路名古屋。ご飯を食べる間もなく津新町へと赴きます。まあ、慣れっこですが。

向井先生は合唱祭で他の団体も振りますので、練習は色々なパターンで。パート練習から始まって、クヴェルノの"Ave Maris Stella"を団内指揮者が指導し、それから音楽監督による練習で、「地上の平和」、そしてこの日歌うことになる松下耕「さくら」とJ.Vajda"Psalm117"を割と念入りにやりました。前の日から結構時間をかけて取り組んだようで、「地上の平和」がとても良くなってましたね。厳しい音がかなりの率で決まり始めたように思います。

なんだかんだ練習は長引きまして、16:00過ぎに三重県文化会館に集合という話でしたが練習会場を出たのは15分くらい前でしたかね。ギリギリ過ぎ(笑)。車以外での移動はほぼ無理ですので分車して移動です。

到着後は他団体の演奏をロビーで少々聴きつつ、その後は良く響くリハーサル室でリハーサル。そして本番。適度な緊張感をもって歌い終えられた、と思いました。現段階だとこれ以上は無理だな、という感じでしたね。

続く全体合唱は信長版「見上げてごらん夜の星を」。うろ覚えでしたので、周りの皆様の楽譜をチラ見しようかと思ったんですが、よく見えませんでした(笑)。どうせならちゃんと練習したかったな~。

その後は17時半くらいからリハ室で2時間弱練習。松下耕「田植歌」、V.ミシュキニシュの2曲、G.オルバーン"Come Away"そして鈴木輝昭「原体剣舞連」というラインナップ。

物凄く響く部屋なので、多声部が良く聞こえましたね。ちょっと楽しちゃえるくらいの方が現段階では良いのかも。デッドな環境だと兎に角ハモりませんから。ストレス貯めずに音楽の形を身体に刻み込むには良い環境だったように思います。

フランス行きまで約一ヶ月。焦っても仕方ないので地道に着実に一歩一歩足元を固めていくしかないと思うのですが、この日はそれがイイ感じで出来ているような実感がありました。少ない残り時間で、どこまで行けるのか、今からワクワクしている次第です。

と、云う事で。

sakura_nagoya_20090328_01.jpgこの週末は盛りだくさんな活動を。昨日(3/28)は予定通り東山公園の近くにある椙山女学園大学で行なわれていました中部人類学談話会へと馳せ参じました。写真は同大学の入口付近ですけれど、ここ、基本的に桜並木です。東山公園も桜の名所っぽいのですが、この辺りもなかなか。でも、まだほとんど開花してません。入学式に間に合うのか、という感じですね。いつだか知りませんが(笑)。

それは兎も角、今回の談話会は「災害の人類学」特集。1976年の唐山地震と昨年の四川省で起こった地震を題材としたものと、1991年に起きたフィリピンのピナトゥボ山噴火を取り上げたものという二つの報告がありました。災害が起こることで、それに直面した社会というのはそこから大きなインパクトを受けつつ、内外にある色々なものを動員してそれに対処しようとし、そしてまた変化を遂げることになるわけです。報告の中では、具体的な事例を通して、災害が起こることで生じる諸事象が分析されていました。メディアの有り方、政治との関係、エスニックなアイデンティティの問題、などなどです。

ところで、人類学が人、ひいては地域社会、諸集団の有り様、動態を理解しようというものであるのなら、災害とそこで生じる人の動きというのはまさしくその恰好の対象となり得ます。私個人としては、人類学は社会に貢献すべきものになるべきだと考えているのですが、例えば今回報告がなされたような事例研究の積み重ねが、今後の防災の在り方に寄与する部分は大であり、こうした分野における議論の一層の高まりを期待するところです。

続きまして、本日(3/29)は例により歌の練習。それも特別な練習でして、来週(4/5)に宝塚で行なわれるコーラスマスタークラスで歌う『詞華抄』という曲を、作曲家を迎えて直々に指導して貰っちゃおう、という企画でした。いやぁ、これは無茶苦茶ためになりましたね。物凄く細かいところまで詰められました。来週の演奏を期待していてください。ちないみに、どうでも良いことなのですが、よくもまあこんな難しい曲を覚えられたものだと我ながら感心してます。人間の能力って、計り知れないところがありますね。まだまだ上を目指せそうです。

と、云う事で。

名古屋に住んで4ヶ月以上経過していますが、とても奥が深いこの都市、本日はその一面を掘り下げて参りました。ガンダムバーです。

今回訪れたのは名駅西口徒歩5分ほどのところにある「サイド3」というお店。元々居酒屋か何かが入っていたと思われる店舗を使ってますが、うーむ、これは濃い。オリジナルなメニュー豊富、そこそこ安い、大量に並べられたフィギュアとプラモが目に楽しい、共通の話題を持つ奴が集まってる、という感じで、何だか大盛況。何でも今池と大須にもあるっぽいので、そっちも近いうちに攻めようと思います。

ああ、ちなみに私にとってガンダムは永遠にして基本。『OO』もちゃんと録画してみてます。まあ、このところのサンライズ作品だと『コードギアス』2部作とやその続編(笑)である『宇宙(そら)をかける少女』の方が面白いとは思うのですけどね。この辺は議論したいところだなぁ。

と、云う事で。

本日は映画を観に近江八幡などへ。完全オフは近年珍しいので、小旅行も兼ねてます。とか言って、年末年始もそこそこ暇でしたが...。

要するに、合唱人としては一応観ておきたい『ヤング@ハート』がほぼ上映終了状態で、有楽町で観ようと思っていたのに結局渋谷に出てしまって、というような事情で見逃していたわけです。まあ、近江八幡なんてすぐそこなんで問題ないんですけどね。鈴鹿から名古屋に来るのとさほど変わらないし。

ogaki_20090112.jpgそんなこんなで、写真は映画とは全く関係ないんですが途中の大垣駅で撮影されたもの。樽見線というローカル線なのですが、何ともオシャレな車両です。東海地方って、こういうローカル線が山のようにあるんですけど、これはしばらくシリーズ化しようかな、とも思ってます。随時貼り付けますね。

映画自体のレヴュウは後ほど私設サイトの方に、となりますが、まあそれはそれは凄まじいものでした。レパートリが...。それは兎も角、80歳の私って、やっぱり歌っているのかな、などと考えてしまいました。多分歌っているでしょうけれど。

と、云う事で。

さてさて、先週末のフィールド・ワーク続きです。土曜の晩と日曜昼間は名古屋市南区笠寺の七所神社というところでその例祭を見学していました。偶然の賜物なのですが、既に書いた近所のお祭に笠寺の「熱田神楽笠寺保存会」の何名かが楽師として来ておりまして、そこで「祭があるから来たら?」と言われて行ってみたわけです。

このお祭の流れを簡単に書いておきます。前日の11日土曜日は宵宮。笠寺の中心部をほぼ網羅する形で(範囲はまだ未調査ですが。)、各町のお囃子要員と随行者が19時前後に各町を出発し、七所神社に集結。ここで試楽(しんがく)、要するにお囃子の一斉演奏が行なわれ、20時半には解散となります。

kasadera_nanasyo200810_01.jpg続いて翌12日の本宮。この日は13時頃からスタートです。各町ではこの位の時間に山車に太鼓などを載せ、笛と太鼓のお囃子を奏でつつ練り歩き、最終的に七所神社に集結します。写真はその時の模様です。

神社ではその後神事などがありまして、そこから丹八山(たんぱちやま)という、元々この神社があったところと言われる場所までの御輿渡御が行なわれ、これに山車も随行します。というより、先行してましたね。要するに丹八山は御旅所、と言うことになるかと思います。

丹八山での神事が終わると大体終わりで、山車とその随員は各町に戻っていきます。17時にはほぼすべてが終わっていました。

余談ですが、以上二つの行事(前述の神明社例大祭とこの行事)をじっくり観たために週末はほぼなくなりました。翌13日の祝日は歌の練習。そんなこんなで論文を書く時間を作り出すのが恐ろしく困難だったのですが、何とか脱稿しました。これからはもう少し楽なスケジュールで事を運びたいものです。

と、云う事で。

1-5 6-8