イヴェントの最近のブログ記事

本日も本番でしたが、それはさておき。これからしばらく続く出演ラッシュ情報を掲げておきます。

チケットなどご所望の方は私あてにご連絡を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

1. The Chorus + 2
日時:2014年9月26日 18:55開演
会場:紀尾井ホール
作曲者:一柳 慧,北爪道夫,木下牧子,小六禮次郎,三枝成彰,Ramon P. Santos,武永京子,山下康介,湯浅譲二,渡辺俊幸
演目:一柳 慧:詩の中の風景I,北爪道夫:PIPAPO,木下牧子:ソルシコス的夜,小六禮次郎:話して,三枝成彰:信濃川生きる(新作),Ramon P. Santos:Veniet Dominus(新作),武永京子:蛍の光(新作),山下康介:初夏のせせらぎ,湯浅譲二:ふるさと詠唱,渡辺俊幸:彼方の光へ
出演者:栗山文昭,西川竜大(指揮),栗友会,空,暁(合唱),篠田昌伸(Pf),清水のりこ(エレクトーン),鈴木大介(Guit),西澤春代(Cl),諸岡由美子(Vc),矢田信子(Pf)

★昨年の第1回に続き、栗友会合唱団の一員として出演します。5曲を歌うことになります。

The Chorus + 2

2. 新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会 #531
日時:2014年10月3日(金)19:15開演
  同10月4日(土)14:00開演
会場:両日ともすみだトリフォニーホール
演目:B.A.ツィンマーマン作曲 管弦楽のスケッチ『静寂と反転』
  L.V.ベートーヴェン作曲 ミサ・ソレムニス ニ長調op.123
指揮:インゴ・メッツマッハー
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:栗友会

★ベートーヴェン晩年の大曲です。大変な曲とスケジュールですが、万全の態勢で臨みたいと思います。

新日フィル#531

3. コーロ・カロス 2014公演 『メサイア』
日時:2014年10月25日(土)16:30開演
会場: 紀尾井ホール
演目:G.F.ヘンデル作曲 オラトリオ『メサイア』HWV.56
指揮:栗山文昭
管弦楽:コーヒーカップ・コンソート
合唱:コーロ・カロス

コーロ・カロス『メサイア』

★『アシタノキョウカ』以来、久々の単独公演です。なにとぞご期待ください。

と、云う事で。

TOKYO CANTAT 2014が本日閉幕いたしました。皆様お疲れ様でございました。

なのですが、私の所属しております栗友会では目の前に次の企画を控えております関係で、一時たりとも安穏とはしていられません。

栗友会もんめシリーズ vol.11 じゅういちもんめコンサート
     「三善晃 合唱曲選集 ―栗山文昭初演作品による―」
     5/17(土)17:30~@東京オペラシティ コンサートホール タケミツメモリアル
     演目:混声・童声合唱とピアノのための 島根のわらべ歌
         女声合唱とピアノのための 五つの唄
         女声合唱のための あなたにサタンがいるなんて
         無伴奏女声合唱のための かなしみについて
         ピアノのための無窮連祷による 生きる
         混声合唱と2台のピアノのための 交聲詩 海
         混声合唱と2台のピアノのための であい
     指揮:栗山文昭
     ピアノ:浅井道子 斎木ユリ 寺嶋陸也 須永真美

※詳しくは下記をご覧ください。

じゅういちもんめコンサート

私は、「生きる」『海』「であい」の3曲を歌うことになります。

お忙しいとは思いますが、万障繰り合わせの上、是非とも足をお運びください。

なお、チケットをご所望の方は、取り敢えず平山宛にご連絡を頂ければ、と思います。

と、云う事で。

さて、音楽樹主催による毎年恒例の巨大な合唱イヴェントTokyo Cantat 2014が、4月27日(日)の公開リハーサルを皮切りに、5月6日(火・祝)までの10日間、主として東京東部、で行なわれます。

以下、主なスケジュールを記載しておきます。

4/29(火・祝)10:00~  【コンクール】第4回若い指揮者のための合唱指揮コンクール@第一生命ホール

4/30(水)14:30~17:00 【セミナー】コーラス・アンサンブルのための発声法
      講師:カール・ホグセット(事前練習13:30~14:15)@豊洲文化センター レクホール

5/3(土・祝)13:00~ 【コンサート】シリーズⅠ「日本のコ・ト・バをうたう」
      賢治さんに会いたい。~宮沢賢治の言葉と音楽~@すみだトリフォニーホール 大ホール

5/3(土・祝)18:30~ 【コンサート】シリーズⅡ「日本の音素材による合唱」
      北の大地と南の島~アイヌと小笠原へのまなざし~@すみだトリフォニーホール 大ホール

5/6(火・休)15:00~ 【コンサート】 クロージング・コンサート@すみだトリフォニーホール 大ホール

詳しくは下記をご覧ください。

TOKYO CANTAT 2014

今年もまた大変盛りだくさんかつ圧倒的に濃い内容を持つこのイヴェント、ご都合がよろしければ、是非足をお運びください。お待ちしております。

私は、と言いますと今年はごく控えめに、5/3の二つのコンサートに出演致します。

以上、よろしくお願いいたします。

昨日(10/20)になりますが、三重県文化会館大ホールで行なわれていた、harmonia ensembleとVocal Ensemble ≪EST≫によるジョイントコンサートに出演してきました。以下、簡単にご報告などを。

この10/20と10/26の2週にわたるジョイントコンサートですが、三重公演の方の位置づけは、第21回目となる≪EST≫の定期演奏会、にもなっています。

演奏曲目等々の細かいことは来週に回すことにしますが、とにもかくにも去年に引き続いての悪天候。そんな中を大勢のお客様にお越しいただきました。本当にありがたいことだと思います。

今回はharmoniaさんの2つのステージを客席で聴かせていただきましたが、キャパ2,000人強のホールでもさすがに基礎がしっかりとできている皆さんだと十分鳴るな~、やっぱりアンサンブル力凄いな~、と思いながら聴いていました。私にとり、学ぶべきところが本当に多い団体です。これからも機会があれば聴きに行かせていただきます。

さて、この企画の目玉ともいうべき合同ステージですが、演奏曲『祈る』を作曲された三宅悠太さんもリハーサルから会場に来てくれました。作曲家自身との短いながらも非常に密度の濃いセッションを経て、曲についての理解度も大いに深まったように思いました。先週見た三陸の風景などを思い起こしつつ、心こめて歌わせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後になりますが、今回のレパートリーについて、まだまだ個人的には課題山積、というところです。テクスト解釈やスコアリーディングを一からしっかりやり直して、26日の東京公演に臨みたいと思います。会場は渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで、開演19時となります。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

と、云う事で。

追記:お天気どうなんですかね。非常に心配です。

去る10月12日(土)、岩手県一関市の一関文化センター大ホールで行なわれておりました、第24回東日本合唱祭に参加して参りました。簡単にご報告などを。

この合唱祭への参加は、栗友会による東北ツアーの一環となります。翌日の演奏会については別のエントリで報告します。

さて、かれこれ24年も続いている、既に定着した感もあるこの合唱祭ですが、今回は地元一関第一高等学校・付属中学校音楽部、仙台の東北福祉大学混声合唱団、そして東京のしらたま、合唱団お江戸コラリアーず、栗友会合唱団という5つの招聘団体による演奏と(お招きいただき誠にありがとうございました。)、合同演奏の計6ステージに及ぶ長大なものした。

他団体の演奏はほとんど聞けなかったのですが、取り敢えず私たちは寺嶋陸也(以下敬称略)による委嘱新作『ざんざんと降りしきる雨の空に(無伴奏混声合唱のための)』から「ハレルヤ」、J.ブラームス『ドイツ・レクイエム』から第2楽章、昨日逝去された三善晃編曲による『唱歌の四季』より「夕焼け小焼け」の計3曲を演奏しました。いかがでしたでしょうか。

合同合唱にももちろん参加しましたが、古今東西の名曲を含む計7曲。地元の皆さんも加わり、曲ごとに指揮者が変わるという趣向でしたが、そのような形で、この合唱祭の最大の目的であろう、合唱を通じた多地域・多世代交流は果たせたのではないかと思いました。

終演後は近くのホテルにてレセプション。ここでも各団による出し物がございまして、私どもは翌日演奏することになる2曲を演奏いたしました。その辺のところの詳細は次回に譲ります。

と、云う事で。

1-5 6-10 11-15