技術情報の最近のブログ記事

ちょいと技術情報などを。

話題のMVNOなどを始めてみたわけですが、持っている端末がSONYのXperia SOL21(au)なため、サーヴィス会社はmineoとなりました。ちなみに、月980円(税抜き)、なんですよね。まあ、安いです。

結構かかりそうだったんだけれど申し込みから5日ほど経過した本日SIMが届いたので早速入れてみましたが、設定が分からない。マニュアルがmineoが配布しているDIGNOにしか対応してないんですね。で、用語も良く分からん。

ネットで調べても良く分からなかったので、自力で解決しました。以下、備忘録的に書いておきます。

SIMを挿して電源を入れ、「トップ」→「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「モバイルデータ通信」にチェック→「高度な設定」→「CPA設定」→と進みます。LTEなんだけどCPAなのがこの設定のミソですね。分かりにくい(苦笑)。

で、下記を設定します。

「ネットワーク名」 = 空白
「APN」 = mineo.jp
「ユーザーID」 = mineo@k-opti.com
「パスワード」 = mineo
「認証タイプ」 = CHAP(たぶんいじらなくて良い。)
「プロキシ」 = 空白
「ポート」 = 空白

設定を保存したら、前の画面に戻って「CPA接続」を有効にします。これでつながるはず。おめでとうございます。

と、云う事で。

追記:ついでに書いておきますが、この端末、ロックは元々かかっていないっぽいので手続は不要。要は、中古なりなんなりで端末を手に入れれば、この位のコストで色々出来る、ということです。数多あるSIMロックフリーの端末なら、概ね使えると思うのですが今のところ情報不足です。

いろいろと問題を起こしてくれたノートPC(Acerの3810T)ですが、とりあえず返品、ということに相成りました。ちょっとだけログを残しておきます。

既に6月17日の記事に記したようなひどい状態で戻ってきたわけですけれど、そもそも向こうのミスで人のものを壊しておきながら、何のお詫びもない。入ってたのは、「修理報告書」ですよ。お詫びの一言も書いてないし。これが一番ムカついたのでした。迷惑をかけたという意識がないんですね。あり得ない事ですが。

で、また送ったら(3回目)更にひどい状態になりそうじゃないですか。普通送りたくないでしょ。だから新品送るか、最悪代替品送れ、と主張してるのに、カスタマ・サーヴィス・センタ的には「新品や代替品(「だいがえ」とか言ってたな。チョー恥ずかしい。)はないのでそれを提供することは出来ない。また送ってくれ。」の一点張り。上の人や営業に話を通すようにも言ったのですが、結局何も変わらない。

この件は要するに、カスタマ・サーヴィス・センタの作業ミスや、あるいはもっと本質的にサーヴィスとは何かが分かっていない事がすべての原因なのですから、カスタマ・サーヴィス・センタと私の間で済む話じゃなくて、本社や営業部門に関わることなのに、そっちに話を回す気がないらしい。こういうことはちゃんとここに書いときますよ。要するにあの会社、マネジメントが全然なってないのです。

さすがに馬鹿らしくなったんで(馬の耳に念仏、ですね。)、返品することにしました。購入した店舗は秋葉原の九十九電機ですので、そっちに相談。延長保証をかけてますので、1年以内と言うことで購入代金の全額をポイントに戻して貰いました。確かに、売った責任、もありますからね。それでも、大盤振る舞いというか、素晴らしくないですか。サーヴィスってこういうものですよね。お客様サイドでものを見る姿勢が九十九さんにはありますがAcerには全く存在しません。

ポイントでかなりの額が戻りましたので、新たなノートPCを物色。迷ったんですが、結局ASUSのCore i5マシンにしました。U30Jシリーズ(型番はU30JC-QX063V)というものです。CPU:
Core i5 430M/2.26GHz(512KB)、 メモリ2GB、HDD320GBというスペック。DVDドライヴが付いているので若干重いのですが(2.1kg)、かなり理想的。Officeが付いていないところが大事ですね。まあ、持ってますし。ほぼ同スペックでOffice付き国産品に比べ、2-4万円は安いです。台湾製はちょっと怖いんですが(安かろう悪かろう、じゃないしな~。やっぱりちゃんとして欲しい。)、何もないことを祈りたい、と思います。

と、云う事で。

リコール処理作業で壊されたため再修理となったAcerのノートPCですが、日曜日に送って、ようやく今日届きました。結局前回と同じ処理速度。急いでもこれかよ、です。ダメですね、こりゃ。

HDDの出っ張りは治まってますが、ダメダメついでに、今回新たに左スピーカの上側が凹んでいます。どうやったらこうなるんだろう、というような作業ミス。今回は要するに筐体の下半分を総取っ替えしてるんですが、デコボコしていたりビスか何かが転がっているような机の上で作業した、あるいはモニタ部分とキーボード部分の間に何かを挟んじゃったんじゃないかと思います。良く分かんないですけど、どっちにしてもプロの仕事じゃないですね。はっきり言ってあり得ない。

ついでながら、筐体の下半分を取っ替えてるんで、シリアルNo.とかライセンス情報等の載ったシールが貼り直されてます。そして、これが下手くそ過ぎ。ほとんどはがれかけてるし。

一応、こっちでデータ移行はやるんで新品送れ、と言っておきました。ここまで迷惑かけてるんだから基本的な対応としてそれ以外考えられないです。どう出てくるかな?と言うか、それ以外無いんですけど(笑)。

と、云う事で。

このブログと私設サイトが入っているロリポップ!レンタルサーバですが、6月15日に移設作業が行なわれたのだそうです。容量は8GBに、そして回線も速くなったらしい。

今使っているこのブログの管理画面、実のところかなりレスポンスが悪かったのですが、かなり良くなった気がします。再構築がどのくらい速くなっているのか、ちょっと確認してみます。

というか、エラー出たぞ。ダメじゃん(笑)。

と、云う事で。

先週部品交換のために送ったノートPCですけど、もう帰ってきました。木曜の夜に出したから、5日目。これはとりあえずかなり良いパフォーマンスなんじゃないかと思います。

まあ、宛名が「寺山真」になってたんですが、これはご愛敬だな。一体何見て書いてるんだか。

問題はA160の方で、こっちは時間かかってます。取り敢えず修理見積りは既に出てまして、まあ、案外安いな、とは思いました。故障箇所を見極めることおよび修理のめんどくささを考えるとやむを得ないかな、と。

ただ、こちとら普通に乗ってて、というか単にとめといただけで壊れましたから、むかつくんですけどね。たったの6万キロでボロ車化ですか?、などと思ってしまいます。メーカ側でケチってしまったことを自覚している部品だとか、余りにも故障というか不具合発生率の高い箇所は全部リコールで対応して欲しいな。何だかんだ言ってクルマですから人命に関わるわけですし。

そんなわけで、AcerのノートPCとは違ってベンツは基本的にお薦めじゃないんですが、故障・不具合が多いこと、修理にお金がかかり過ぎることなどは割と周知な事柄でして、そういうのをさっ引いてもなお余りある魅力もないわけじゃないので、そこはそれ、ですね。まあ、そんなクルマです。

まだ気分が晴れませんのでこんなところで。

と、云う事で。

1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31-35 36-40