ソフトウェアの最近のブログ記事

サポートに問い合わせました。受付曰く、インストールから90日間無償で質問できます、ってこれはクレームなんだが。90日過ぎるとクレームも有償なんでしょうかね。意味分かりませんね。

それはともかく、要するに、Windows.oldは生成後たった4週間で消える仕様らしいです。らしい、というか、実際消えました。

うーむ、人のPCの中身を勝手にいじらんでくれ、ですよね。

そもそも最初のインストールの時にそんなことは同意してませんし、そういう情報ももらいませんでした。事の大きさからいって、ポップアップくらい出して欲しかったな、と思います。

そうそう、「どっかに書かれてます?」、と聞いたのですが、サポート曰く「どこにも書いていない」そうで、なぜかサポートに問い合わせた時だけそう答えるようにしてたっぽいです。なので、ネット上の個人サイト等々には「4週間で消える」、ということがちらちら書かれています。そんなの、実際に事が起きるまでは検索しませんが。

これ、さすがにやばいですよね~、ということで、お詫びの何か(金品じゃなくて書面とかです。)を送って欲しいことと、早く他のユーザに告知することを要望として出しました。

ああ、色々入れなおさないとな~。HDD丸ごとコピーしとけば良かった、MSなんて信頼するんじゃなかった、と猛反省しています。

と、云う事で。

かなりムカついてるんで書き込んでおきます。

去年の初夏くらいから8の試用版(Release Preview版)を使ってきて、この間(1/23)お金を払って正規版に切り替えました。

その時に、旧8で使っていたアプリケーションはWindows.oldというフォルダに退避されました。そして、そこから普通に起動できました。環境が維持されるのは、今日のOSでは当たり前だと思いますが、一応考えているんだな、と思いました。

ところが、つい昨日のことになりますが、突然このフォルダの中身が知らないうちに削除されてしまいました。

おかげで、全てのアプリケーションが使えなくなりました。全部入れ直し?

無茶苦茶ですね。告知があれば他に退避するのに、これはかなりひどい話です。同じ環境を作るのにどれだけの時間がかかると思っているんでしょうか。

8の導入を考えている人は、その辺のところを勘案したほうが良いです。というか、将来修正が入るかもしれないけれど、とりあえず現時点ではやめた方が良いと思います。新規に入れるのなら別ですが。

と、云う事で。

iTunesのヴァージョンが10に変わりましたね。早速DLしてみました。今回新たに付いた機能としてPingというものがあります。SNSみたいなもの、でしょうか。アーティストをフォローし、レヴュウをフォローされ、なんてことが出来るようになったのではないかと思います。しばらく様子を見ることといたします。

と、云う事で。

さてさて、10月22日に発売されるらしいWindows 7の出荷候補版(製品構成=SKUはUltimateになってます。)を、新しく購入したPCにインストールしてみました。今のところDVDドライヴを持っていませんので、Daemon Toolsを利用しました。記憶域コントローラ(IDE関係っぽい)とDeamon Toolsに関して、「互換性がない」と表示されますが、1時間ほどで問題なくインストールが完了。取り敢えず動き始めました。

早速使い勝手について書きますが、兎に角タスク・バー周辺の仕様変更が激しいです。タスク・バーはクイック・ランチャと統合され、現在起動しているアプリケーションがハイライトされるように。そこの上にマウス・カーソルを持っていくとそのウィンドウのサムネイルが表示されます。これにより、ウィンドウの切り替えはかなり効率良く出来るようになりました。

ちなみに、クイック・ランチャが実質なくなったため、結構良く使っていたデスクトップを表示する=全てのウィンドウを最小化するボタンがタスク・バーの一番右側にくっつきました。うーん、これ、普通気づきませんよ。このボタン、カーソルを合わせると全ウィンドウが透明化され、デスクトップが現われます。クリックすると全ウィンドウを最小化します。なかなか良い感じ。また、Vistaの時には存在した、ウィンドウを斜めにして一括表示+切り替えが出来るボタンがどっかにいっちゃいました。まあ、あんまり使わないと思うから良いんですが。同じことはWindowsキー+Tabキーで実現できますし。

大していじってないんですが、一見した感じではそれ以外のところは、Vistaと殆ど変わってないような気もします。どうやら新カーネルの実装も見送られた模様で、パフォーマンスもそれほど極端には向上していない、とのこと。要するにマイナ・チェンジ、なのでしょう。

ちなみに、AntivirとFirefoxくらいしか起動していない状態で、800MBほどメモリを使ってるんですけど、これって1GBしか積んでなかったら、ほぼ動かないってことじゃないでしょうか。なので、Ultimate仕様のWindows 7を安定して動かすためのメモリ量は、結局のところ最低1.5GB、あるいは2GB程度、だと思われます。使うアプリケーションにもよりますが、やはり4GBはあった方が良いのではないかと。なお、Vistaの時はどれくらいになっていたのか、確認していません。見とけば良かったですね...。でも、殆ど変わりないのかも。

なお、ここに書いている様々な事柄については、もっと精度の高い検証をしている人がいるはずなので、余り重く見ないでください。あくまでも参考程度で、ということです。

と、云うことで。

遅ればせながら、先週の金曜にPCを買いました。予定通り、acerのASPIRE3810Tというモデルです。取り敢えず生活上不可欠なブラウザ(Firefox)、メール・クライアント(Thunderbird)、エディタ(秀丸)は金曜に入れましたけど、合宿に出かけてましたので、それ以外ほとんどいじれてません。

なお、、パフォーマンスはかなり良いですね。上に挙げたようなアプリケーションのインストールがやたらと速いんですよ。まあ、いろいろやります。まずは、OfficeとかWin7とかを入れないと、です。

と、云うことで。

1-5 6-10 11-14