白山人類学研究会の最近のブログ記事

なんだかちゃんと書き込みを出来ない状況が続いてます。20日は「第九+テ・デウム」本番@サントリー・ホールで朝から拘束。個人的には課題の多い演奏でした。反省点多々。でも譜面を見直す時間がほとんどありません。23日にはより良い演奏をしたいのですが、時間がとれない、のです。どうしましょ。

それはおきまして、演奏会後は場所を秋葉原に移して私の記念すべきコーロ・カロスにおける初単独練習。入団から半年経てますが何か?それというのも、来たる12月27日に栗友会がプロムナードというイヴェントをし、そこでカロス単独ステージがあるのでそのための練習です。これ、かなり面白かったんですが、詳述する余裕がありません。

その後は忘年会とも歓迎会ともつかぬ飲み会。半年経てますが。まあ、とても楽しかったですね。そうなんですよ、楽しいんですよ、これが。困ったことに。『おくりびと』じゃないですけど。

そして昨日になってますが、21日。市ヶ谷での釜山女子大の方々を相手にしての日本語による日本文化紹介の講義というのがこのところの仕事なんですが、これをこなしつつ白山人類学研究会へ。獅子舞発表です。

私はアカデミシャンではないですし、今後もそうではないですが、まあ在野の民俗芸能研究家としての義務を適当にこなしつつ忘年会みたいなものへ。これがかなりのヒット。千石駅からほど近いところにある地鶏料理店だったんですが、とても美味しかったですね。また行きたいな、などと。

この発表が終わると年末の一連の行事は一段落なんですね。でも、その他のイヴェントはまだまだ続きます。実のところ27日が山かも。まあ、詳細は後日流しますが、これが結構大変です。でも楽しい。

と、云う事で。

白山人類学研究会12月定例研究会のお知らせが届いています。発表者は、なんと私です。これは行かないと行けませんね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白山人類学研究会 関係者各位

12月定例研究会のお知らせです。
下記の通り開催いたしますので、どうぞご参加ください。

●白山人類学研究会 12月例会

日時:2009年12月21日(月)18:30~20:00
場所:東洋大学白山校舎 5号館5401教室
(地下鉄東京メトロ南北線本駒込駅、または都営地下鉄三田線白山駅)

●発表題目:民俗芸能の伝承と地域社会 ―三重県鈴鹿市内の獅子舞伝承を事例として―

●発表者:平山眞(鶴舞看護専門学校)

●要旨:今回の報告においては、三重県鈴鹿市肥田(ひだ)町における獅子舞伝承を主な事例として取り上げ、その概略を示しつつ、20世紀後半からの大きな社会変動の中でのその変遷を辿り、地域社会と文化伝承の関係について考察を加える。
 鈴鹿市肥田町においては、同町に鎮座する宇気比(うきひ)神社の春秋例祭において、獅子舞が奉納される。これには現在、小学生から約50歳までの男性20数名からなる獅子舞保存会のメンバがあたっているのだが、その伝承は20世紀後半における産業構造の変化や人口流動といった社会変動の波を大きく被り、一時は途絶、その後復活はしたもののその存続を巡って議論が闘わされるなど、幾多の変遷を経てきている。ここでは、社会変動の中で幾度か廃絶の危機をくぐり抜けてきた獅子舞伝承が、何故に可能であったのかについて、そしてまたそこから何を読み取るべきなのかについて考えてみたい。
 ところで、報告者は、2007年3月から2008年9月までの約1年半の間同地に居住し、この地の住民の日々の営みを目の当たりにしてきた。また獅子舞保存会にも加入させていただき、獅子舞伝承の場である例祭前の2週間前後の練習に加わり、2008年の春秋例祭でも獅子舞を舞うという機会を得ることが出来た。今回提示されるデータは主として、こうした実体験や、保存会メンバからの聴き取りに基づいたものである。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

と、云う事で。

白山人類学研究会からのお知らせが届いています。是非ご参加下さい。ちなみに私は出向きません。そして、来月は一応私が発表予定です。仕事優先なのでドタキャンありですが(汗)。実のところ20時くらいからにして欲しい、とか思ったりしてます。

以下引用です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

白山人類学研究会 関係者各位

11月定例研究会のお知らせです。
下記の通り開催いたしますので、どうぞご参加ください。

●白山人類学研究会 11月例会

日時:2009年11月16日(月)18:10~20:00
場所:東洋大学白山校舎 5号館5401教室
(地下鉄東京メトロ南北線本駒込駅、または都営地下鉄三田線白山駅)

● 発表題目  漁村の高齢者とその役割
--高齢海女や漁師が働く意味--伊豆・下田市須崎地区の高齢者労働の事例より

● 発表者 齋藤典子 (静岡県立静岡西高等学校(日本史)、清水東高等学校(小論文)非常勤講師)
● 発表者略歴
2009年9月 名古屋大学大学院文学研究科比較人文学文化人類学科博士後期課程満期退学
日本文化人類学会、日本民俗学会、日本老年社会学会所属
元 静岡新聞社 営業局 編集記者

● 要旨
本発表は、伊豆半島の海村・下田市須崎地区に住む漁民高齢者男女が日常行う労働が高齢者自身や家族、あるいは漁民社会にどのような役割をもたらしているのかを考察するものである。本発表で取り上げる伊豆半島は、明治期以降、昭和50 年代まで、およそ50 箇所で海人による貝の採取やテングサの採藻漁が行われてきた。近年、海女の高齢化や後継者不足から、多くの地域で海女によるテングサ漁が終焉を迎えている。しかし、高齢化率32%を超える超高齢社会の下田市須崎地区では、今も70,80 代の後期高齢者・海女によるテングサ漁が続けられている。さらに、テングサ漁を終えた冬季は、夫とエビ網漁を行う。つまり、70 歳を超えても夫婦ともに現役の漁師や海女として、海で働き続ける。なぜ、須崎地区の高齢者は高齢になっても働き続けるのか。高齢者が働く理由は、経済的な要因や「生きがい」などの個人的理由に依拠するだけであろうか。須崎地区の高齢者漁民労働のフィールドワークを通して、明らかになったのは、地域の伝統的な漁民としての働き方が男女ともに体系付けられていることである。その背景には、地域の共有資源である共同漁場の利用というローカルコモンズの概念がある。本発表では、高齢者労働の背景、目的、役割、影響を地元に残る近世史料を用いながら考察を深めてみたい。

◆なお、研究会後、白山近辺で懇親会を行ないますので、お時間のある方はぜひご参加ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

と、云う事で。

今朝ほどになりますが、久々に書いた論文を投稿しました。三重県内の山の神信仰についてやや社会学的な視点から論じたものです。刊行されれば来年の春には読めるようになります。今しばらくお待ち下さい。

今回は統計資料集めが大変でした。社会変動云々、とうたっておきながらちゃんと裏付けとらないのはまずいよね、ということです。そんな論文は多々ありますが、取り敢えず今回の私はちゃんとした積もりです。おかげで、国勢調査の限界なども良く分かりました。実のところ、私の研究スタイルは社会学にシフトしつつあります。

と、云う事で。

昨日になりますが、4ヶ月ぶりくらいの開催になる白山人類学研究会に出向いてきました。私の先輩に当たる方の、韓国の中でも極めて保守的とされる地方でも目立ってきているという国際結婚に関するご発表でした。

まあ、大体予想通り、と申しますか。要は、そこまで切羽詰まっている、ということです。若干暴論ですが、日本もそんなに変わらないんですよ。だから、とても理解しやすいんですね。

ただ、そんなに変わらない、とは言っても、やはり文化的背景や社会的基盤が違うわけですから、そこには差異が存在するわけです。きっと、人類学や社会学はそこに目を向けるべきなのでしょう。そしてまた、そういう現象を生み出している要因や、そこから生まれてくる問題を徹底的に検証すべきなのでしょう。要するに、これは印象論で語るべき問題では断じてなく、より徹底した精査が求められているのではないか、という感想を持ちました。

いずれにしましても、これは色々な意味で重要な問題ですね。様々な人が様々な地域・社会について研究を進めていますが、ちょっとばかしまとめてみたくなりました。

と、云う事で。

1-5 6-10 11-15 16-20 21-25