ケルト・アイルランドの最近のブログ記事

私設サイト音楽CD紹介欄に、U2による約4年振り14作目『ソングス・オブ・エクスペリエンス』を追加しています。

全米1位になったようですが、この内容なら当然でしょうね。素晴らしい作品だと思います。結成から40年を超え、ますます意気盛んな感じですね。いやはや驚くべきことです。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、皆川博子による歴史ロマン『海賊女王 上・下』文庫版を追加しています。

16世紀後半のお話。ほぼ、アイルランド西海岸が舞台です。面白いです。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイトの音楽CD紹介欄に、U2の13枚目となるオリジナル・アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』を追加しています。

タイトルは勿論ウィリアム・ブレイクからです。王道ロックですね。色々やってきて、ここに帰ってきた、という感じ。お聞き逃しなきよう。

と、云う事で。

本日も本番でしたが、それはさておき。これからしばらく続く出演ラッシュ情報を掲げておきます。

チケットなどご所望の方は私あてにご連絡を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

1. The Chorus + 2
日時:2014年9月26日 18:55開演
会場:紀尾井ホール
作曲者:一柳 慧,北爪道夫,木下牧子,小六禮次郎,三枝成彰,Ramon P. Santos,武永京子,山下康介,湯浅譲二,渡辺俊幸
演目:一柳 慧:詩の中の風景I,北爪道夫:PIPAPO,木下牧子:ソルシコス的夜,小六禮次郎:話して,三枝成彰:信濃川生きる(新作),Ramon P. Santos:Veniet Dominus(新作),武永京子:蛍の光(新作),山下康介:初夏のせせらぎ,湯浅譲二:ふるさと詠唱,渡辺俊幸:彼方の光へ
出演者:栗山文昭,西川竜大(指揮),栗友会,空,暁(合唱),篠田昌伸(Pf),清水のりこ(エレクトーン),鈴木大介(Guit),西澤春代(Cl),諸岡由美子(Vc),矢田信子(Pf)

★昨年の第1回に続き、栗友会合唱団の一員として出演します。5曲を歌うことになります。

The Chorus + 2

2. 新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会 #531
日時:2014年10月3日(金)19:15開演
  同10月4日(土)14:00開演
会場:両日ともすみだトリフォニーホール
演目:B.A.ツィンマーマン作曲 管弦楽のスケッチ『静寂と反転』
  L.V.ベートーヴェン作曲 ミサ・ソレムニス ニ長調op.123
指揮:インゴ・メッツマッハー
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:栗友会

★ベートーヴェン晩年の大曲です。大変な曲とスケジュールですが、万全の態勢で臨みたいと思います。

新日フィル#531

3. コーロ・カロス 2014公演 『メサイア』
日時:2014年10月25日(土)16:30開演
会場: 紀尾井ホール
演目:G.F.ヘンデル作曲 オラトリオ『メサイア』HWV.56
指揮:栗山文昭
管弦楽:コーヒーカップ・コンソート
合唱:コーロ・カロス

コーロ・カロス『メサイア』

★『アシタノキョウカ』以来、久々の単独公演です。なにとぞご期待ください。

と、云う事で。

昨日になりますが、セント・パトリックス・デイ・パレード2012イン海浜幕張が開催されました。以下、簡単にご報告などを。stpatricksday_makuhari_20120321_01.jpg

20年もやっている東京を皮切りに全国10数都市にまで拡大しているこのパレードですが、海浜幕張では何しろ今回が初めての開催。地元であるわけで、これに参加しないわけには参りません。

1年前の震災による液状化でボロボロになった駅周辺も、このところの工事によりかなり整理され歩きやすくなっています。そんな中、チーバ君にもご登場頂き、思っていた以上に盛況のうちに終わりました。写真はパレード前の一こま。チーバ君とバグパイパー達、そして風船で顔は隠れてますがセント・パトリックもいるではないですか。なかなか趣のある一枚ですね。

パレード後は駅前でアイリッシュ・ダンスが披露され、その後プレナ幕張にあるアイリッシュ・バーでのパーティとなりました。残念ながらほとんどいられませんでしたが。

来年はどんなことになりますやら。地の利を活かして、色々貢献したいな、と思う次第です。盛り上げたいですね。

と、云う事で。

1-5 6-10 11-15 16-20 21-24