日常の最近のブログ記事

lapsang_souchong_01.jpgさてさて、昨日の記事に登場したラプサン・スーチョン(正山小種)ですが、イオンのLUPICIAで売っていたので、思わず購入してしまいました。50gで1,620円(税込)、でした。まあ、お高いです。




lapsang_souchong_02.jpg入れるとこんな感じです。うーん、スモーキィ。色といい香りといい、まさにブラック・ティー、ですね。




と、云う事で。

本日も本番でしたが、それはさておき。これからしばらく続く出演ラッシュ情報を掲げておきます。

チケットなどご所望の方は私あてにご連絡を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

1. The Chorus + 2
日時:2014年9月26日 18:55開演
会場:紀尾井ホール
作曲者:一柳 慧,北爪道夫,木下牧子,小六禮次郎,三枝成彰,Ramon P. Santos,武永京子,山下康介,湯浅譲二,渡辺俊幸
演目:一柳 慧:詩の中の風景I,北爪道夫:PIPAPO,木下牧子:ソルシコス的夜,小六禮次郎:話して,三枝成彰:信濃川生きる(新作),Ramon P. Santos:Veniet Dominus(新作),武永京子:蛍の光(新作),山下康介:初夏のせせらぎ,湯浅譲二:ふるさと詠唱,渡辺俊幸:彼方の光へ
出演者:栗山文昭,西川竜大(指揮),栗友会,空,暁(合唱),篠田昌伸(Pf),清水のりこ(エレクトーン),鈴木大介(Guit),西澤春代(Cl),諸岡由美子(Vc),矢田信子(Pf)

★昨年の第1回に続き、栗友会合唱団の一員として出演します。5曲を歌うことになります。

The Chorus + 2

2. 新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会 #531
日時:2014年10月3日(金)19:15開演
  同10月4日(土)14:00開演
会場:両日ともすみだトリフォニーホール
演目:B.A.ツィンマーマン作曲 管弦楽のスケッチ『静寂と反転』
  L.V.ベートーヴェン作曲 ミサ・ソレムニス ニ長調op.123
指揮:インゴ・メッツマッハー
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:栗友会

★ベートーヴェン晩年の大曲です。大変な曲とスケジュールですが、万全の態勢で臨みたいと思います。

新日フィル#531

3. コーロ・カロス 2014公演 『メサイア』
日時:2014年10月25日(土)16:30開演
会場: 紀尾井ホール
演目:G.F.ヘンデル作曲 オラトリオ『メサイア』HWV.56
指揮:栗山文昭
管弦楽:コーヒーカップ・コンソート
合唱:コーロ・カロス

コーロ・カロス『メサイア』

★『アシタノキョウカ』以来、久々の単独公演です。なにとぞご期待ください。

と、云う事で。

私設サイトの映画紹介欄に、マーティン・スコセッシ監督による3Dアドヴェンチャーにして心温まるヒューマンドラマ映画『ヒューゴの不思議な発明』を追加しています。

先日のアカデミー賞では、どちらかというとテクニカルな5部門を受賞しました。テクニカルなだけではない、かなりしっかりとした作品ではないかと思います。私はレイトショー故2Dで観る他なかったんですが、是非3Dでご覧下さい。

いやー、わたくし、前々からジョルジュ・メリエス尊敬しまくりなんですよね。本人は後々になって多くの人からそんな風に思われるなんて考えもしなかったんでしょうね。職人とか技術者ってのはそういうモンだと思います。地道さこそが美徳なんです。

と、云う事で。

私設サイトの映画紹介欄に、周防正行が監督・構成をした映画『ダンシング・チャップリン』を追加しています。

周防正行の妻である元バレリーナ・草刈民代に捧げられた作品、ともとれるのですが要するにバレエ映画です。2幕構成からなるこの作品、要するにローラン・プティのバレエ『ダンシング・チャップリン』(原題Charlot Danse avec Nous)を映画としてまとめると同時に、それの周防さん視点のメイキングを作って同時上映している、ということになりますでしょうか。前者が第2幕「バレエ」で、後者が第1幕「アプローチ」、です。

4/16に公開されて、ロングランとなっています。さすが、と言うべきか。ちなみに、私が観たのは5/30。評論遅くてごめんなさい...。『アシタ ノ キョウカ』とかがあって忙しかったんですよ~、とか言い訳にしちゃダメですよね。一昨日観た『ブラックスワン』評はなるべく早く書きたいと思います。おお、ここんとこバレエづいてますね。

次回観に行くのはダニー・ボイル『127時間』か海賊のやつになると思います。今年は7月までで計8本になるから、近年では割と良いペース、かな。それもそうなんですが、『アシタ ノ キョウカ』が終わって色々なことがかなり楽になったのは事実ですね。コンサートとか行きまくってるし。

と、云う事で。

さて、コーロ・カロスの公演は4月2、3日から約2ヶ月延期されたわけですけれど、まあ、本音を言えばかなりキツイです。

これまでも何だかんだ結構な時間を割いてまいりましたし、これがまだ2ヶ月続く、というのがキツイ。そして、今後の練習がTOKYOカンタート用の練習スケジュールを圧迫するのがキツイ(今回私、間宮を2曲ほどやりますんで。)。そして、なんと言ってもキツイのは、チケットの払い戻し、です。そこそこ売ってましたからね。平日になったことで、私個人の売り上げは半減、と予想しています。

たっぷり練習できるじゃん、とか、チケット販売期間も伸びたってことじゃん、とか、前向きに考えていこうとは思うのですが、それを妨げるものはたくさんあるのも事実。気分的に落ち着くまで時間がかかりそうです。もともとが年度末なので色々キツイし...。鬱になりそ、っていうかほぼ鬱。

と、云う事で。

1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31