舞台の最近のブログ記事

本日も本番でしたが、それはさておき。これからしばらく続く出演ラッシュ情報を掲げておきます。

チケットなどご所望の方は私あてにご連絡を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

1. The Chorus + 2
日時:2014年9月26日 18:55開演
会場:紀尾井ホール
作曲者:一柳 慧,北爪道夫,木下牧子,小六禮次郎,三枝成彰,Ramon P. Santos,武永京子,山下康介,湯浅譲二,渡辺俊幸
演目:一柳 慧:詩の中の風景I,北爪道夫:PIPAPO,木下牧子:ソルシコス的夜,小六禮次郎:話して,三枝成彰:信濃川生きる(新作),Ramon P. Santos:Veniet Dominus(新作),武永京子:蛍の光(新作),山下康介:初夏のせせらぎ,湯浅譲二:ふるさと詠唱,渡辺俊幸:彼方の光へ
出演者:栗山文昭,西川竜大(指揮),栗友会,空,暁(合唱),篠田昌伸(Pf),清水のりこ(エレクトーン),鈴木大介(Guit),西澤春代(Cl),諸岡由美子(Vc),矢田信子(Pf)

★昨年の第1回に続き、栗友会合唱団の一員として出演します。5曲を歌うことになります。

The Chorus + 2

2. 新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会 #531
日時:2014年10月3日(金)19:15開演
  同10月4日(土)14:00開演
会場:両日ともすみだトリフォニーホール
演目:B.A.ツィンマーマン作曲 管弦楽のスケッチ『静寂と反転』
  L.V.ベートーヴェン作曲 ミサ・ソレムニス ニ長調op.123
指揮:インゴ・メッツマッハー
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:栗友会

★ベートーヴェン晩年の大曲です。大変な曲とスケジュールですが、万全の態勢で臨みたいと思います。

新日フィル#531

3. コーロ・カロス 2014公演 『メサイア』
日時:2014年10月25日(土)16:30開演
会場: 紀尾井ホール
演目:G.F.ヘンデル作曲 オラトリオ『メサイア』HWV.56
指揮:栗山文昭
管弦楽:コーヒーカップ・コンソート
合唱:コーロ・カロス

コーロ・カロス『メサイア』

★『アシタノキョウカ』以来、久々の単独公演です。なにとぞご期待ください。

と、云う事で。

TOKYO CANTAT 2014が本日閉幕いたしました。皆様お疲れ様でございました。

なのですが、私の所属しております栗友会では目の前に次の企画を控えております関係で、一時たりとも安穏とはしていられません。

栗友会もんめシリーズ vol.11 じゅういちもんめコンサート
     「三善晃 合唱曲選集 ―栗山文昭初演作品による―」
     5/17(土)17:30~@東京オペラシティ コンサートホール タケミツメモリアル
     演目:混声・童声合唱とピアノのための 島根のわらべ歌
         女声合唱とピアノのための 五つの唄
         女声合唱のための あなたにサタンがいるなんて
         無伴奏女声合唱のための かなしみについて
         ピアノのための無窮連祷による 生きる
         混声合唱と2台のピアノのための 交聲詩 海
         混声合唱と2台のピアノのための であい
     指揮:栗山文昭
     ピアノ:浅井道子 斎木ユリ 寺嶋陸也 須永真美

※詳しくは下記をご覧ください。

じゅういちもんめコンサート

私は、「生きる」『海』「であい」の3曲を歌うことになります。

お忙しいとは思いますが、万障繰り合わせの上、是非とも足をお運びください。

なお、チケットをご所望の方は、取り敢えず平山宛にご連絡を頂ければ、と思います。

と、云う事で。

去る10月12日(土)、岩手県一関市の一関文化センター大ホールで行なわれておりました、第24回東日本合唱祭に参加して参りました。簡単にご報告などを。

この合唱祭への参加は、栗友会による東北ツアーの一環となります。翌日の演奏会については別のエントリで報告します。

さて、かれこれ24年も続いている、既に定着した感もあるこの合唱祭ですが、今回は地元一関第一高等学校・付属中学校音楽部、仙台の東北福祉大学混声合唱団、そして東京のしらたま、合唱団お江戸コラリアーず、栗友会合唱団という5つの招聘団体による演奏と(お招きいただき誠にありがとうございました。)、合同演奏の計6ステージに及ぶ長大なものした。

他団体の演奏はほとんど聞けなかったのですが、取り敢えず私たちは寺嶋陸也(以下敬称略)による委嘱新作『ざんざんと降りしきる雨の空に(無伴奏混声合唱のための)』から「ハレルヤ」、J.ブラームス『ドイツ・レクイエム』から第2楽章、昨日逝去された三善晃編曲による『唱歌の四季』より「夕焼け小焼け」の計3曲を演奏しました。いかがでしたでしょうか。

合同合唱にももちろん参加しましたが、古今東西の名曲を含む計7曲。地元の皆さんも加わり、曲ごとに指揮者が変わるという趣向でしたが、そのような形で、この合唱祭の最大の目的であろう、合唱を通じた多地域・多世代交流は果たせたのではないかと思いました。

終演後は近くのホテルにてレセプション。ここでも各団による出し物がございまして、私どもは翌日演奏することになる2曲を演奏いたしました。その辺のところの詳細は次回に譲ります。

と、云う事で。

昨日までの3日間、暑い、というわけでもなかった首都圏を離れ、北の温泉地で行なわれておりました、第34回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに参加してまいりました。簡単にご報告を。

私が参加しましたのは合唱部門。今回演奏する曲は昨年すみだトリフォニーホールで歌ったばかりのヨハネス・ブラームス『ドイツ・レクイエム』。合唱のアカデミー、本来は木曜日からの4日間ですが、私自身は諸事情で金曜夜からの参加となりました。

さてさて、この大曲、さすがにフル・オーケストラ版は編成的および会場の規模的に難しかったようで、小規模オーケストラ用に編成しなおしたインゴ・シュルツ版(2010年初演)のスコアが用いられました。

指揮はミラン・トルコヴィッチ、合唱は草津アカデミー合唱団(合唱指揮:栗山文昭)、管弦楽は草津フェスティヴァル・オーケストラ、ソリストはソプラノがジェンマ・ベルタニョッリ、バリトンが太田直樹、という布陣でした(以上、敬称略)。

流麗にして壮大な、言わずと知れた名曲ですが、演奏自体が大変困難であるのも確か。ほぼ全面的に合唱曲と言って良い曲ですので、総勢95名ほどの合唱団員にも、精神的肉体的ともにかなりの重圧がかかります。覚悟はして行きましたが、個人的にはなかなかの難行苦行でしたね。

難行苦行(?)の成果を見せる演奏会については、技術的なことはさておきまして、全体として、イモーショナルで、ある意味暖かさに満ちたパフォーマンスができていたのではないかな、と思いました。いかがでしたでしょうか。この曲に込められたメッセージが、詰めかけて頂いた皆様に少しでも伝わったとすれば、幸いです。

次回出演は、9/29@長野、となりそうです。再び祈りの音楽を演奏します。ご期待ください。

と、云う事で。

下記に貼り付けましたのは、10月20日(日)に三重県津市、10月26日(土)に東京都渋谷区で行なわれるharmonia + ≪EST≫コンサートのチラシです。

注意点ですが、合同演奏の予定だった三宅悠太氏の委嘱初演曲については、事情によりキャンセル。2011年に創る会が委嘱した『祈る』を演奏することになっています。

私はどうするのか、ということになりますが、乗れるところは何とか乗る、という感じでスケジュールを組んでいます。

チケットなどをご所望の方は、取り敢えず私にご一報いただければと思います。ちなみに、キャパの関係で東京分が手に入りにくい、かも知れません。

と、云う事で。

21thcon.jpg

1-5 6-10 11-15 16-20 21