« ブルガリアへの道:第23回 三日目(5/13)。 | トップページへ | 末木文美士『増補 日蓮入門』 »

2010年5月20日

ブルガリアへの道:第24回 四日目(5/14)。

bulgaria_20100514_01.jpg四日目です。ドブリッチのホテルで余りにも悲惨な朝食をとり、バスでヴァルナへと向かいます。これ、ホントに悲惨な朝食でして、そもそも食事をする席が足らず、良く分からないところに座るしかなく、部屋は暗く、ジュース類は水みたい、シリアルあるのに牛乳もヨーグルトもない、ハムやチーズがどう見てもチープ、パンも美味しくない、それでも、取り敢えずマシンで入れるカプチーノだけはまんが喫茶レヴェルまでは達している、という具合です。もうダメですねここ。写真はちょいと先回りしてヴァルナの砂浜。何となくおなじみの岩井海岸みたいですが(笑)、一応ヴァルナだし黒海です。

bulgaria_20100514_00.jpgさてさて、ヴァルナでは、コンクール会場近くのホテルに後発組5名が宿泊していたのですが、ここで彼らと合流しました。写真はそのホテルの向かいにあるマック。看板はキリル文字表記です。素晴らしい。いわゆる100円メニュウのたぐいがここでは0.99BGN、といってもお釣りくれないから1BGNメニュウになってます。約57円ね。ハンバーガあたりがそうです。マック・チキンは何故か2BGN以上しました。値段忘れてるな。2.69だったかな。時間は前後しますが、この日の昼食はここでの4.99BGNのダブル・チーズ・バーガ・セット。二日目にマックに行けませんでしたので(別に恨んでませんが)、ブルガリア国内での初マックです。ハンバーガのソースとポテトが余りしょっぱくない、コーラの炭酸が薄い、という非常に私には心地よいテイスト。全体として日本より美味しいんじゃないかな、と思います。

bulgaria_20100514_02.jpg昼食前には、ちらっと海に寄った後、コンクール会場に入って2団体(少年少女合唱団です。片方はひどかった...)ほどの演奏を聴くことも出来ました。会場であるFestival and Congress Centerの外観はこんな感じ。中の様子は翌日行なわれた表彰式の写真でお見せします。

これでヴァルナでの用事(合流すること、海に寄ること、会場見ること、昼食とること)は終わりまして、再びバスでこの日の宿泊地であるGolden SandsにあるHotel Slaveyへと向かいます。ちなみに、このホテルへの到着はお昼過ぎなんですが、ここまでで私たちは一度も歌っていません。

bulgaria_20100514_03.jpgHotel Slaveyの客室はこんな感じ。写っているのは帰国後テナーに移ってしまったベース・パート・マネージャのK君です。私の後継者ですね。そんなことはどうでも良いんですが。このホテル、一応四つ星なんですけど、基本的にしょぼいです。新しいせいか、シックハウスっぽいにおいがします。窓あければよいじゃん、なんですけどね。実は換気扇が壊れてまして、「直せ!」って言ったんですけど、結局直してくれませんでした。ワケ分かりません。シャワーの出も悪かったな。インターネット環境もこのホテルには整っておらず(ロビーにPCはありましたが。)、Golden Sands全体に広がる広域Wi-fiがありまして、これがオンラインでクレジットカード決済出来るのなら使っていたのですが、ログイン・ページには「ここに電話してねっ!」と電話番号が書いてあるだけだったので、つなぐ気力が失せた次第です。

さてさて、私たちは演奏をしに行っているのだし、当然第一義的な目標はグランプリなわけです。しかし、この日の練習は14時から16時の約2時間と、外での踊りチェックのみ。未だ詰められていないことも多々あるし、後発5人もおりますので、最低でも倍はやらないといけなかったと思うのですが、練習場所が確保出来なかったようです。まあ、これではあんまりですので、バイキング形式の結構良い感じの夕食後パートで集まって詰めを行ないましたけれど。実はこの段階でもまだ確実には音がとれてないことも発覚してましたが...。この部分、前の日から問題になってましたけどね。そんな合唱団です(笑)。ここで恒例の教訓を。

「練習することによって上手くなる合唱団は、死ぬほど練習すべきである。」

こんな言葉が出てくるのは、翌々日の16日に、練習しなくても良い演奏をしちゃう合唱団を見てしまうからなのですけれど。ああ、和歌山ユースさんですよ。この人たち、ホントに凄いです。

それは兎も角、積み残しは多々ありましたが、翌日早いし、まだ体調戻ってないしで早めに就寝しました。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年5月20日 21:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1378

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?