« 柄刀一『ゴーレムの檻』(BlogPet) | トップページへ | ニュー・ヨークへと出発。 »

2010年12月13日

桜庭一樹『GOSICK IV ―愚者を代弁せよ―』

私設サイトの書籍紹介欄に、桜庭一樹による「GOSICK」シリーズの第4本目となる長編『GOSICK IV ―愚者を代弁せよ―』を追加しています。元々は富士見ミステリー文庫で出ていたものの角川文庫版です。

基本的には錬金術師リヴァイアサンの謎が話の中心になっていますが、ヴィクトリカを巡る物語もこの巻で急速に動き出す感じ。謎解きもモーリス・ルブラン(著者がこの作品で目指しているのはジュール・ヴェルヌとかルブランなんじゃないか、などと思ったりもしますが。)みたいな味わいで非常に楽しめるものとなっています。是非ご一読を。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年12月13日 22:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1543

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?