« 今野敏『奏者水滸伝 白の暗殺教団』 | トップページへ | メトロポリタン・オペラ来日公演『ラ・ボエーム』 »

2011年6月20日

第4回マリスステラコンサート。

昨日になりますが、第4回目となるマリスステラコンサートを聴きに、横浜のみなとみらい大ホールまで行って参りました。以下、簡単に感想などを。というか、この後のメトが圧倒的すぎて実はあんまり覚えていなかったり、なのです・・・。

さてさて、まずはこのコンサートの構成メンバである5大学合唱団の演奏。横浜市大混声は寺嶋陸也『みち』から8曲を抜粋したものがメイン。ややパート・バランスに問題があるように思いましたが、丁寧でメリハリの効いた演奏だったと思います。

千葉大はこれも寺嶋陸也によるカンタータ『伊邪那岐・伊邪那美』からI、IIをメインに。続く宇都宮大学は林光の『狼森と笊森、盗森』短縮版をメインに。どちらも、演奏自体は大変良かったのですが、とても長かったです(笑)。お疲れ様でした。このコンサート、8ステージまであるわけで、聴衆が集中力を保つためには各ステージはもっと短くした方が良いんじゃない、とか思ってしまったのでした。実はこの辺、かなりうとうとしてたことを告白しておきます。

山梨大学は林光による宮沢賢治ものをメインに据えた構成。長らくこの合唱団を支えてきた中核メンバが抜けた穴をどうするのか、と思ってちょっとハラハラしつつ聴かせて頂きました。色々と課題はありますが、きっと良い方向に向かうのでは、ということを感じさせる演奏でした。

慶應義塾大学楽友会は5大学の中では唯一寺嶋陸也氏の曲を演奏しない、という構成。このコンサート、NHKホールに向かう必要があるため6ステージで抜けたのですが、その中ではこの楽友会の演奏が最も印象に残りました。H.Howellsの"Take Him, Earth, for Cherishing"が良かったです。重厚な音を響かせていました。

私にとってのラストは6番目の1年生ステージ。T.タリスですとか木下牧子ですとかK.ニューステッドですとか、背伸びしない選曲で、非常にさわやかな良い演奏だったと思います。まあ、タリスをやる人数ではないですが。1年生ってことは大半が初心者。こういうコンサートで合唱人としてのスタートを切れるのは幸せなことだと思います。これからもがんばって下さい。

以上です。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2011年6月20日 20:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1638

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?