« サラ・マクラクラン『ロウズ・オブ・イリュージョン』 | トップページへ | それとも更新する(BlogPet) »

2010年10月 1日

ニュー・ヨークへの道:第1回。

連載開始です。以後しばらく続きます。お見知りおき下さい。

何の話かと申しますと、わたくし、年末にニュー・ヨークへ行くことになりました。演奏旅行、というやつです。あちこちで小出しにしてましたが、下記のようなコンサートに出演します。

カーネギーホール提供 日本文化と芸術の探求 JapanNYC
曲目:B.ブリテン『戦争レクイエム』
指揮:小澤征爾
演奏:サイトウキネン・オーケストラ/栗友会合唱団・SKF松本合唱団・SKF松本児童合唱団 etc.
日時:12/18(土)@カーネギーホール スターン・オーディトリアム ペレルマン・ステージ

詳細は、

JapanNYC

にあるので是非ご覧頂くとしまして、まあ、空前のイヴェントです。春のブルガリア遠征も私の音楽人生において大きなものでしたが、これは別の意味で物凄い。こんなにも充実した音楽環境に居続けて良いのだろうか、などと思ってしまいます。

このコンサートですけれど、取り敢えず、個人的には8月頭に出演が決まりまして、8月中旬から既に3回ほど練習参加機会がありました。以下、ちょっと日記程度に流れを書き記しておきます。

8月13日:この遠征に向けての第1回目の練習です。楽譜もこの日に前半部分だけ借り受けました。そんなですんで、ちゃんと歌えるわけがありません(笑)。まあ、さすがに難しい曲です。普通の曲じゃないですしね。前半しか見てないので、まずはDies Ireaが大変かな、と思いました。

8月21日:松本で小澤先生の練習があったのですが、私は草津に行ってましたので残念ながら不参加でした。と言って、まだ全然歌えないし...。

9月12日:ヴェルディが終わりましたので、本格始動。黒い出版楽譜はその前週のヴェルディ期間中に頂きました。これ、実はかなり高いんですけど。後半をさらいましたが、まだ譜読みをする時間がとれてないのでほとんど歌えません。

9月28日:3回目。前半をさらいました。まあ、3回目なりには、というところ。ちょっとずつ音が頭に入ってきてます。1日中没頭出来るような日が1日でもあると良いんですけどね。8-9月は忙しかったし。10月10-11日の合宿@猿ヶ京がその機会になりそうです。

ところで、実際問題として、本番まで何気に3ヶ月切ってます。当然暗譜になるでしょうし、スケジュールはかなりタイト。これまた大変なJ.S.バッハの『ミサ曲ロ短調』の練習がこれに並行して始まりますし、カロスの演奏会用練習も多分あります。コンクールとは全く違う意味で、歌い手としての真価が問われるような機会になるように思っています。ご期待の程。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年10月 1日 21:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1486

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?