« シリーズ(BlogPet) | トップページへ | ESTの第18回コンサート。 »

2010年10月11日

ニュー・ヨークへの道:第2回。

猿ヶ京での温泉合宿が16時くらいに終わったので、先ほど戻ってきました。簡単に概要を。その前に、10月3日(日)には男性のみによる練習が、6日(水)には栗山先生による全体練習が行なわれたこともここに書いておきます。

で、この週末=9-11日は既に書きましたとおり猿ヶ京合宿です。9-10日の15時までが『ミサ曲ロ短調』、そして16時から11日の16時までがニュー・ヨークで演奏する『戦争レクイエム』でした。

『ミサ曲ロ短調』はニュー・ヨーク遠征とは無関係なのですけれど、ちょっとだけ。この曲、さわるのはかなり久々です。で、持っている楽譜が基督教音楽出版のやつでしたので、このたび新たにベーレンライタ版を買ったんですが、中身は同じじゃないか、と(笑)。基督教音楽出版版って、元にした版が「ベーレンライタ版」だってどこにも書いてないんだもん(笑)。まあ、そこそこボロボロなんで新調もありかな、と思いました。これから買う人は気をつけて下さいね。

それは兎も角、この曲はホントに懐かしいんですけれど、昔やった時は半端じゃなく苦労しました。大学院生時代ですから、暇に任せて猛練習出来たんですけどね。そんなわけでかなり頭に、というか身体に染みついてます。これは助かりますね。しかし、やっぱり難しい曲です。何せ合唱曲の中の合唱曲、なのでこういう機会は大事にしたい、と思います。

さてさて、『ミサ曲』で燃え尽きたわけじゃないんですけれど、本番まで2ヶ月少々となった『レクイエム』の練習は個人的にはちょっとテンションが落ちちゃいました。しばらく続いている風邪気味状態のせいだろう頭痛にも悩まされまくり。今もちょっと頭痛がします。肩こりひどいし。音楽活動をする上で体調管理は非常に大事ですね。

まあ、この曲についてはまだ楽譜がちゃんと読めてないと言いますか、そんな段階です。初歩的なミスも多いし、ましてやうまくなんて全然歌えない。でも、今回でやばいところはほぼピックアップ出来たし、各部分の解釈や歌い方についての総ざらえも出来、個人的には効果的な練習だったんじゃないか、と思っています。ところどころですがちょっとずつ自信も付いてきましたし。

しかし、全体としまして、三日間でこれだけ大きな曲を二つもさらうのは無謀とまでは言いませんがちょっと無理がある、と言いますか、結局のところかなり粗い練習になっちゃったな、とは思うわけです。23日の小澤先生による練習に向けて、しっかりと準備したい、と考えています。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年10月11日 22:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1494

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?