« ニュー・ヨークへの道:第11回。五日日。 | トップページへ | やっと完成。 »

2010年12月21日

ニュー・ヨークへの道:最終回。

ny_20101219_01.jpg現地時間の公演あけての12月19日早朝に日本への帰途につきました。写真はニューアーク・リバティ空港の出発ロビーの様子。なにげに大きな空港ですよ。

で、13時間のフライト中はほぼ睡眠。なので余り長くは感じませんでした。年に2回も海外に出ると、何となく慣れてきますね。

それにしても日本は暖かいですね。もうクリスマスなのに、です。今日なんて冬至じゃないか、と。今年は寒さを感じることなく終わるんじゃないか、などと思っています。

さて、取り敢えず、今回の総括などを。

1.まずは、大変な経験をできたことに感謝しないといけないかな、と。これが一番大事。『戦争レクイエム』という、非常に重いテーマを持った大曲を、ニュー・ヨークという街で、しかもカーネギーホールにおいて、更には小澤征爾氏の指揮で演奏出来たこと、こんな機会は2度とないでしょうし、これを超えるかあるいは近い経験もないかも知れない、と思います。関係者の皆様、重ね重ね本当にありがとうございました。

2.ところで、経験の質、についてはどうだったのでしょうか。欲を言えば、小澤先生の体調が万全だったらより完璧だったのではないか、とは思います。あれだけのスケールを持つ方と同じ場所にいることで得られるものの大きさというのは物凄いわけでして、これは本当に肌で感じられました。私自身は、限られた時間の中で、どん欲に何かを吸収しようという意志をもって動いていましたが、それはこれからの音楽活動の中できっと活きるんじゃないか、と思っています。

3.もう少し大局的に見たらどうか、なんですが、例えば上に「年2回の海外」、なんて軽く書いてますが、実のところなかなか大変なのです。結構必死。しばらく休みたい、なんてことも考えてしまうのですが、そうも言っておられず、2月、4月、5月にそれぞれ全くスタイルの異なる、そしてまたかなり大がかりな舞台を控えています。今回のニュー・ヨーク公演は、そんな大きな流れの、第一弾とも言える演奏会であり、ある意味良い景気づけになったんじゃないか、なんてことも思っています。色々なやりくりをしつつ、長丁場を乗り切りたい、所存でおります。

こんなところでしょうか。何はともあれ、今後の演奏活動にご期待下さい。まずは『第九』計3公演です。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年12月21日 23:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1550

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?