« 有川浩『図書館戦争』 | トップページへ | 有川浩『図書館内乱』 »

2011年10月25日

銀河鉄道の夜、と。

去る10月20日(木)、市原を拠点とする芸術集団=制作舎 翔の設立15周年記念東京公演、『銀河鉄道の夜』を鑑賞して参りました。以下、簡単に報告などを。

場所は亀戸。カメリアプラザ3Fのカメリアホールです。ご存じの通り結構大きなホールですね。地元ではないのでやや心配だったのですが、かなり席は埋まってました。

原作は勿論宮沢賢治。演出は原島義治です。ジョバンニ役に画家でもある前田麻里さん、カンパネルラ役に星さいかさん、というキャスティング。

基本的には朗読劇、という形式をとります。なので皆さん台本持ってます。

ではあるのですが、衣装、美術、照明、音楽等々は非常に凝ったもの。そして、役者達も身振り・手振りだけではない動きを伴った演技をします。殆ど舞台劇に近い形だと思いました。

それにしても、改めて宮沢賢治という天才詩人にして天才童話作家の圧倒的な想像力には驚かされますね。ちらちらとその諸作品を読み返したくなりました。

そんな賢治の世界を、観るものの前にはっきりと浮かび上がらせる、見事な舞台だったと思います。

次回公演は12月9、10日の模様。結構アクティヴですね。演目は加藤道夫の『思い出を売る男』。この方、『なよたけ』の人ですね。1953年没で、劇団四季創設にも深く関わった人物です。『思い出を売る男』自体、1992年の初演以来四季の割と重要なレパートリィになってますね。

ちなみに、四季版『思い出を売る男』の音楽担当は林光です。これはどうするのでしょうね。それを含めて、どんな舞台になるのか、楽しみにしたいと思います。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2011年10月25日 21:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1682

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?