« 浦賀和宏『こわれもの』 | トップページへ | 第53回三重県合唱コンクール、と。 »

2013年8月15日

京極夏彦『文庫版 豆腐小僧双六道中 おやすみ』

私設サイトの書籍紹介欄に、京極夏彦による妖怪珍道中小説第2弾、『豆腐小僧双六道中 おやすみ』文庫版を追加しています。

『ふりだし』に続く第2弾です。となると、完結篇は『あがり』なんでしょうけれど、いつ書かれることになるのやら。

それはともかく、徹頭徹尾説明っぽい作品なのですが、それが結構大きな仕掛けの一部になっている辺りが非常に面白いと思います。まあ、そうですよね(笑)。

何の事だか分からないかも知れませんが、気になったら取り敢えずお読みください。大変楽しめるとともに、色々な意味でとてもためになる読物でもあります。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2013年8月15日 22:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1880

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?