« 三津田信三『忌館(いかん) ホラー作家の棲む家』  | トップページへ | 三津田信三『首無(くびなし)の如き祟るもの』 »

2010年7月 4日

三津田信三『厭魅(まじもの)の如き憑くもの』

私設サイトの書籍紹介欄に、三津田信三による「刀城言耶」シリーズ第1弾『厭魅(まじもの)の如き憑くもの』講談社文庫版を追加しています。

憑き物信仰を中心とした民俗宗教てんこ盛りな作品となっています。京極夏彦や藤木稟が先鞭をつけ、現在道尾秀介やこの人などがその裾野を広げていっている、というジャンルじゃないかと思ってますが、その手のものが好きな方には是非読んで欲しい一冊です。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年7月 4日 10:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1427

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?