« ヴェルディ・ウィーク。 | トップページへ | ヘルダーリン『ヒュペーリオン』 »

2010年9月 5日

桜庭一樹『GOSICKs ―ゴシックエス・春来たる死神―』

私設サイトの書籍紹介欄に、桜庭一樹による人気シリーズ「ゴシック」外伝短編集第1弾『GOSICKs ―ゴシックエス・春来たる死神―』を追加しています。

シリーズの中では一応外伝的な位置づけの連作短編集、と言って良いでしょう。久城一弥とヴィクトリカの運命的な出会いの詳細、の他、彼らが所属する聖マルグリット学園に存在する様々な謎とその解決等々が描かれます。

含まれている情報量はかなり多いですね。ある意味、外伝、とは必ずしも言えないのかも知れません。ここから入って長編へ、という読み方も可能ではないかと思います。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年9月 5日 12:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1472

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?