« 桜庭一樹『GOSICKs ―ゴシックエス・春来たる死神―』 | トップページへ | 京極夏彦『死ねばいいのに』 »

2010年9月 6日

ヘルダーリン『ヒュペーリオン』

私設サイトの書籍紹介欄にヘルダーリンによる18世紀末に発表された小説『ヒュペーリオン』の新訳を追加しています。

終始思索的かと思いきや、意外と波乱万丈な物語で、面白く読めました。訳も非常に読みやすいもので、今後は『ヒュペーリオン』だったらこの訳を、になるのではないかと思います。

中身はまさにロマン主義ですね。19世紀を通じてかなり広く読まれたのではないかと思うわけですが、そんな当時のベストセラーであるこの作品、第2巻第2部に含まれる詩(267-269頁)が、ロマン派の代表的な作曲家J.ブラームスの「運命の歌」に用いられていることを、さりげなく記しておきます。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年9月 6日 22:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1947

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?