« ヴェルディ・レクイエム終了。 | トップページへ | 佐藤亜紀『鏡の影』 »

2010年9月13日

誉田哲也『国境事変』

私設サイトの書籍紹介欄に、誉田哲也による2007年刊行の警察小説『国境事変』文庫版を追加しています。

デリケートな問題を大々的に取り上げ、丁寧に書き上げた傑作だと思います。男臭い小説を読みたい方は是非。

ついでながら、こういうものを読むと、今後も東弘樹ものが継続されることを期待してしまいます。映像化する際には是非本木雅弘で。ホントは45歳くらいの松田優作がいいんですけどね。

と、云う事で。

投稿者 mackharry : 2010年9月13日 22:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mackharry.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1478

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?