2015年11月アーカイブ

私設サイト書籍紹介欄に、藤木稟による「バチカン奇跡調査官」シリーズ第12弾、『悪魔達の宴』を追加しています。

長編としては10本目です。大台ですね。舞台はドイツ。悪魔憑きがテーマで、かなりホラー色の強い作品となっています。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、ピエール・ルメートルによる長編『天国でまた会おう』(文庫版)を追加しています。

2013年の作品で、ゴンクール賞に輝いています。ミステリでもサスペンスでもなく、普遍文学です。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、森博嗣によるWシリーズ開幕編『彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?』を追加しています。

新シリーズです。相当未来の話になります。話の焦点は、「知性とは何か」というあたりにあって、それでP.K.ディックの『電気羊』が冒頭および各章頭に引用されたりしています。

ちなみに、このシリーズは基本的に、ミステリではなくSFである、というところは重要でしょう。続編を心待ちにしたいと思います。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、森博嗣によるGシリーズ第8弾『ジグβ(ベータ)は神ですか JIG β KNOWS HEAVEN』文庫版を追加しています。

やや忘れかけていた感もあるこのシリーズですが、ここに来てぐっと面白くなりましたね。まあ、その実、前作から一体何年経っているのやら、というところですが、このシリーズの完結を見ないまま、Wシリーズまで始まってしまいました。恐らくあと数冊、生きているうちに(笑)、終わりを見届けたい、と切に思います。

と、云う事で。