2014年6月アーカイブ

私設サイト書籍紹介欄に、浦賀和宏による「安藤直樹」もの第2弾、『時の鳥籠 The Endless Returning』文庫版を追加しています。

上下2分冊での刊行です。なかなかにぶっ飛んでます。一般受けはまず不可能で、商業的には、厳しいかも知れませんが...。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

ちょいと技術情報などを。

話題のMVNOなどを始めてみたわけですが、持っている端末がSONYのXperia SOL21(au)なため、サーヴィス会社はmineoとなりました。ちなみに、月980円(税抜き)、なんですよね。まあ、安いです。

結構かかりそうだったんだけれど申し込みから5日ほど経過した本日SIMが届いたので早速入れてみましたが、設定が分からない。マニュアルがmineoが配布しているDIGNOにしか対応してないんですね。で、用語も良く分からん。

ネットで調べても良く分からなかったので、自力で解決しました。以下、備忘録的に書いておきます。

SIMを挿して電源を入れ、「トップ」→「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「モバイルデータ通信」にチェック→「高度な設定」→「CPA設定」→と進みます。LTEなんだけどCPAなのがこの設定のミソですね。分かりにくい(苦笑)。

で、下記を設定します。

「ネットワーク名」 = 空白
「APN」 = mineo.jp
「ユーザーID」 = mineo@k-opti.com
「パスワード」 = mineo
「認証タイプ」 = CHAP(たぶんいじらなくて良い。)
「プロキシ」 = 空白
「ポート」 = 空白

設定を保存したら、前の画面に戻って「CPA接続」を有効にします。これでつながるはず。おめでとうございます。

と、云う事で。

追記:ついでに書いておきますが、この端末、ロックは元々かかっていないっぽいので手続は不要。要は、中古なりなんなりで端末を手に入れれば、この位のコストで色々出来る、ということです。数多あるSIMロックフリーの端末なら、概ね使えると思うのですが今のところ情報不足です。