2017年11月アーカイブ

私設サイト書籍紹介欄に、麻耶雄嵩による連作短編集『化石少女』文庫版を追加しています。

京都の名門高校を舞台とする学園ものミステリです。神舞(かんぶ)まりあを探偵役に立ててはいますが、この著者なので、一筋縄ではいきません。是非ご一読のほど。

と、云う事で。

私設サイト音楽CD紹介欄に、アメリカのパンク・テクノ・バンドLCDサウンドシステムによる約7年ぶりの第4作目『アメリカン・ドリーム』を追加しています。

解散→再結成を経て、満を持しての新作です。2017年も後半に来て良作が多々出現していますね。これなども本年を象徴する1枚になるのではないかと思います。是非お聞きください。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、阿部和重と伊坂幸太郎の合作による長編『キャプテンサンダーボルト』文庫版を追加しています。

もともと2014年に単行本として出て、かなり話題になったものです。いやー、本当に面白いですね。是非ご一読のほど。

これだけの作品なので、やはり映像化を期待してしまいます。権利問題とか、資金調達とか、配役とか、ロケとか、かなり大変そうですが、どこかの凄腕プロデューサがきっと解決してくれるはずです。期待しましょう。

と、云う事で。

私設サイト音楽CD紹介欄に、ベックことベック・ハンセンによる3年振り13作目『カラーズ』を追加しています。

これは凄いですね。来日していたようですが、行けた人がうらやましいです。今年の最高傑作に推す人が多いのではないかと思いますが、本当に見事な作品です。お聞き逃しなきよう。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、連城三紀彦による大長編『女王 上・下』文庫版を追加しています。

2013年に物故された連城三紀彦による幻の長編が文庫化されました。大がかりなお話で、どうやって収拾つけるんだ、と思いながら読んでいましたがそこはさすがにこの作家です。お見事、としか言いようがありません。

ちなみに、本書の中心テーマである、とある歴史学説ですが、現在はどういう動向なんでしょうね。ちょっとだけ気になります。ホントにちょっとだけですが。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、森博嗣によるWシリーズ第7弾『ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?』を追加しています。

今回も講談社タイガでの刊行です。本シリーズは本当にコンスタントに刊行されてきてますね。実は最初から全部出来上がっていたとか?うーん、あり得る話ですね。

と、云う事で。