2018年2月アーカイブ

私設サイト書籍紹介欄に、篠田節子による大長編『インドクリスタル 上・下』文庫版を追加しています。

素晴らしい作品ですね。池澤夏樹の作品群や、高野和明の傑作『ジェノサイド』を想起しながら読んでいましたが、これもまた大変な傑作。なかなか出会えないレヴェルの作品だと思います。是非ご一読ください。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、道尾秀介による長編『透明カメレオン』文庫版を追加しています。

佐藤友哉には驚かされましたが、道尾秀介も負けていませんね。これは本当に素晴らしい。早くも今年のベストかも、と思ってしまいました。

2010年代の文学というのは、多かれ少なかれ震災後文学的な要素を含んでいるのではないか、と思うのですが、これなどもその一例なのでは、と考えています。いかがでしょうか。

と、云う事で。

私設サイト書籍紹介欄に、佐藤友哉による連作短編集『俳優探偵 僕と舞台と輝くあいつ』を追加しています。

2.5次元舞台をメインのモティーフとして持ち出したミステリ連作です。これは大変な傑作ですね。何かの賞にひっかかってもおかしくないと思います。是非ご一読のほど。

蛇足ながら、主人公がしょっちゅうコーラを飲んでいるあたりがなかなか味わい深いです。

と、云う事で。