2005年8月アーカイブ

研究活動その2は「根白石調査」です。

既に4年目を迎えたこの仙台市泉区の西半分に当たる旧根白石村地域に関する調査ですが、これは東洋大学社会学部の教員を中心に、同大学院のOB及び学生その他を研究協力者として行なわれてきたものです。

この調査活動を含む研究プロジェクト全体の目的は、新宗教がある地域に浸透していくプロセスを明らかにしつつ、そこには地域社会が持つ反発力や受容性といったものはどのような形で働いてきたのか、という辺りを考えよう、というものです。そんな中で、基本的に新宗教研究者ではない私は受容者である地域社会側の宗教構造を明らかにするという使命を受け、中でもいわゆる「--講」などと呼ばれる民俗宗教の主要な担い手である小集団について、その変遷を追ってきました。

この研究は、来年3月までには恐らく一応の完了を迎える事になると思います。最終生産物がどのようなものになるか不明ですが、取り敢えずご期待下さい。

 研究活動その1は「八丈島研究プロジェクト」です。
 人類学・社会学や福祉学などを専攻する東洋大学の教員や大学院OBからなる少人数のグループで行なっています。基本的には、産業と福祉という、現在の、そして未来の八丈社会を考える上で最も重要だと思われる二つのテーマをメインに、来年度末(2007年初頭)位になるであろう単行本の刊行を第1次的な目標とするプロジェクトです。具体的には、八丈島産の国内シェアが90%以上と言われ、かつまた八丈社会を支えていると言っても言い過ぎではないであろうフェニックス・ロベレニーという観葉植物の栽培・出荷に関わる人々の暮らしぶりをつぶさに観察しつつ、それとの関係で高齢化・少子化・観光業の停滞等々といった様々な社会的問題などを考えていこうとしています。

「1日おきに更新」に設定したつもりだったのですが何故か動いておらず、元の設定(IP更新時・1週間毎に更新)、リスタートをかけました。ううむ、良く分からない。psコマンドでは動いていることになっていたんですけどね。確かにログを見ると何もしていませんでした。./diced -d -lとコマンド・ラインから打ち込んだら動き出したようです。

まあ、これで大丈夫でしょう。

せっかくウェブログを作ったのに余り情報開示をしないのもなんなので、これからしばらく現在の研究活動などに関する情報を小出しに開示することに致します。

取り敢えず予告まで。

どうも、ネームサーバとIPアドレスの関連付けがうまくいっていない、というか一週間で切れてしまうらしいので、DiCEの設定を変更してみました。これまでは問題なかったんですけどね。DNS関係は相変わらず謎が多いです。

と、云う事で。

ウェブログに力を入れているlivedoorさんにも登録してみました。URLを入力するだけですんでしまう訳で、後は向こうが、というかlivedoorのサーバに入っている何らかのプログラムが自動的にデータ・ベースを作成する模様です。登録後二日目位から検索に引っかかるようになりました。乱用されそうな気もしますが…。

と、云う事で。

私設サイトのギャラリに出羽三山、というか月山で撮った画像を追加しました。今年は、凄いペースで上り下りしていたので、たくさん撮る余裕がありませんでした。まあ、他にも事情はあるわけですが…。

と、云う事で。

前々から医療人類学にも手を染めている関係上買ってあったW.H.R.Riversの古典的名著Medicine, Magic and Religion(1924→2001,Routeledge:London 邦訳はあるのか?)をだらだらと時間をかけて読んでいました。1915-6年に行なわれた講演を基にしているので、中身はあくまで概論であるわけですが、それこそ医療と呪術や宗教の間にある複雑な関係、というかそれぞれの相互浸透性みたいなものを、何とか明らかにしたい、という熱意が伝わってくる大変優れた本だと思います。中でも、心理的ないし社会的な疾病に対しては、近代医療が一般化した現代社会においても呪術や宗教が一定の役割を果たし得る余地がある、という指摘は重要です。と言うのも、今日の呪術やシャマニズム研究その他も、基本的にはこの見解を支持しているからです。

と、云う事で。

白山人類学研究会のウェブ・サイト中、機関紙『白山人類学』目次に本年3月刊行の第8号分を追加しました。

せっかく作ったものの、さすがに誰も見ないというのもまずいので、ウェブログ・リンク集サイトに登録してみました。Myblog Japanというところです。まあ、兎に角膨大な数が登録されていますね。まともなものはごく一部なのでしょうが…。

取り敢えずは、まともなものにすべく、努力したい所存です。

と、云う事で。

私が管理している、というかたまに更新している白山人類学研究会のウェブ・サイトを更新しました。今回の更新は主として研究報告の部分です。

と、云う事で。

6-7日の出羽三山登拝を中心とする東北行きから帰還しました。今回はサーバは落ちなかった模様です。但し、この期間中に終了したらしいドメイン移管に伴って、ネーム・サーバとの関連付けがなされていない状態が二日間ほど続いていました。まあ、これは運が悪いとしか言いようがありません。現在は完全に復旧しています。

って、これはサーバ関連の話になってますね。登拝の中身についてはそのうちどこかで公開する予定です。ご期待下さい。

と、云う事で。

技術情報に、私が使っているブラウザ(Firefox)とメール・クライアント・ソフト(Thunderbird)に関する情報を追加しました。一応お奨めです。

おかげさまをもちまして、私設サイトは25,000回Hitを達成しました。画面をキャプチャしてメール添付で送ってくれた方には私の本でも差し上げようと思ったのですが、そこまでしてくれた方はいなかったようです。BBSにさりげなく告知したのがまずかったかな、と反省しています。

では、今後ともよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例になりつつある出羽三山登拝に今年も行って来ます。期間は8/6-7。ちなみにこれは、日本における山岳信仰や祖先祭祀、あるいは聖地巡礼の在り方を探ろうという研究活動の一環です。来春位に一部公表するつもりなので(祖先祭祀論の一部としてデータを開示予定)ご期待下さい。

書評欄を更新しました。このところ、舞城王太郎ばっかり読んでますね。このところ文庫化が進み始めています。今日における最も注目すべき作家の一人なので、一応押さえておかないといけません。

と、云う事で。