2009年3月アーカイブ

sakura_nagoya_20090330_01.jpg桜便りfrom名古屋その4をお届けします。これは名古屋の人なら誰でも知っているお花見のメッカである鶴舞公園。昨日撮影したものです。出店も出てましたし、大道芸もやってました。東京でいうところの上野公園みたいなものでしょうか。結構な人出で、いよいよお花見シーズンたけなわ、という感じ。

ちなみに、駅から降りてすぐの写真に写っている辺りは割と開花が進んでますが(7-8分)、奥の方はまだまだです。この分だと、来週末まで持つんじゃないか、と思います。実は来週末に庄内緑地公園で花見&バーベキューなんていう企画もあるんですよね。企画の段階では、「もう散ってるんじゃ?」、とか思ってたんですが、なんとかなりそう。

と、云う事で。

sakura_nagoya_20090328_01.jpgこの週末は盛りだくさんな活動を。昨日(3/28)は予定通り東山公園の近くにある椙山女学園大学で行なわれていました中部人類学談話会へと馳せ参じました。写真は同大学の入口付近ですけれど、ここ、基本的に桜並木です。東山公園も桜の名所っぽいのですが、この辺りもなかなか。でも、まだほとんど開花してません。入学式に間に合うのか、という感じですね。いつだか知りませんが(笑)。

それは兎も角、今回の談話会は「災害の人類学」特集。1976年の唐山地震と昨年の四川省で起こった地震を題材としたものと、1991年に起きたフィリピンのピナトゥボ山噴火を取り上げたものという二つの報告がありました。災害が起こることで、それに直面した社会というのはそこから大きなインパクトを受けつつ、内外にある色々なものを動員してそれに対処しようとし、そしてまた変化を遂げることになるわけです。報告の中では、具体的な事例を通して、災害が起こることで生じる諸事象が分析されていました。メディアの有り方、政治との関係、エスニックなアイデンティティの問題、などなどです。

ところで、人類学が人、ひいては地域社会、諸集団の有り様、動態を理解しようというものであるのなら、災害とそこで生じる人の動きというのはまさしくその恰好の対象となり得ます。私個人としては、人類学は社会に貢献すべきものになるべきだと考えているのですが、例えば今回報告がなされたような事例研究の積み重ねが、今後の防災の在り方に寄与する部分は大であり、こうした分野における議論の一層の高まりを期待するところです。

続きまして、本日(3/29)は例により歌の練習。それも特別な練習でして、来週(4/5)に宝塚で行なわれるコーラスマスタークラスで歌う『詞華抄』という曲を、作曲家を迎えて直々に指導して貰っちゃおう、という企画でした。いやぁ、これは無茶苦茶ためになりましたね。物凄く細かいところまで詰められました。来週の演奏を期待していてください。ちないみに、どうでも良いことなのですが、よくもまあこんな難しい曲を覚えられたものだと我ながら感心してます。人間の能力って、計り知れないところがありますね。まだまだ上を目指せそうです。

と、云う事で。

sakura_nagoya_20090327_01.jpgその3です。これは名駅東にある日蓮宗寺院久遠寺境内に植えられたしだれ桜。見事なものです。ルーセントタワーとのマッチングもお楽しみ下さい。この樹は今が見頃。駅からすぐなんで暇な方はどうぞ。鶯もとまってたりしました。何とも風情が。

ちなみに、ソメイヨシノの方はこの数日の急激な冷え込みのため開花進行はストップした感じ。この週末は余り良いお花見にならないと思います。

と、云う事で。

再び獅子舞の季節がやって参りました。鈴鹿市肥田町の春祭(4/5)で奉納される獅子舞の練習が3/23から開始されています。私は本日ようやく初参加。小学生のメンバが増えてましたね。全体として盛況な感じ。

ところで、間もなく春祭、とは言え何だかとても寒いわけです。この分だと、今週末のお花見はほぼ無理、来週末がピークとなりそうですね。ちょうどお祭の辺りになるかな。

しかしですね。私はと言いますと、4/5は宝塚で行なわれるコーラスマスタークラスの講習会にモデル合唱団として出演のためお祭には参加できないのです。残念ながら。ちなみに講習会では、鈴木輝昭作曲『詞華抄』をやります。とても難しい曲ですが(ホントに難しい...)、良い演奏をすべく日夜トレーニングしてます。何とぞご期待下さい。

と、云う事で。

sakura_nagoya_20090326_02.jpg桜便りその2です。結構冷え込んでるんですが、桜の開花は進んでます。写真は名駅東の某公園なのですが、ビルの谷間で暖かいからなのか、3-4分咲き。スパイラルタワーとのマッチングもお楽しみ下さい(笑)。

この分だと、名古屋では今週末にギリギリお花見が出来るんじゃないかと思います。次週半ばから末くらいがピークで、その次の週は無理でしょうね。

と、云う事で。

マックハリイは、弾き語りを記述したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

私設サイトの映画紹介欄に、フランシス・フォード・コッポラ監督が10年ほどのブランクを経て久々にメガフォンをとった映画『コッポラの胡蝶の夢』を追加しています。昨夏公開かな?リヴァイヴァルで観たものを、今さら入れました。『ベンジャミン・バトン』への布石みたいなものです。

ちなみにこの映画、原作はミルチャ・エリアーデです。さすがにそこまでは読んでないな、という短編「若さなき若さ」という作品ですね。これを機に、作品社から『エリアーデ幻想小説全集1-3』なるものが数年前に出ていたことを知った次第。シャマニズム研究者としては、情けないと言いますか...。ここらで生き方自体を考え直さないといけませんね。なんのこっちゃ。

と、云う事で。

sakura_nagoya_20090326_01.jpgWBCでは日本が連覇を達成しましたがそれはさておき、と。名古屋でもソメイヨシノが開花し始めてます。でも、まだホンのちょっと。ただ、しだれ桜の一部は既に満開でして、こんな具合です。その名も桜通のしだれ桜でございます。見事なものだと思います。

以後、何日かおきにこの辺りの桜の様子をアップしていくことにします。ご期待下さい。

と、云う事で。

stpatricksday_20090321_01.jpg昨日になりますが、第5回セント・パトリックス・デイ・パレード名古屋が行なわれ、好天に恵まれる中、大盛況のうちに無事終了しました。参加された皆様、ありがとうございました。そしてまた、スタッフ及びヴォランティアの皆様、お疲れ様でした。

一応フォトグラファという役回りで一日を過ごしたのですが、人から借りたキャメラを用いてましたので写真は取り敢えず今は手許にありません。フランスにも行くことだし、この際一眼レフ買っちゃおうかな~、などとちょっとだけ考えてます。最低1200万画素は欲しいんですよね。現在1500万画素が主流になってますけど、高い。もうちょい待てば、とか言ってると買わずじまいになる、ということです。どこかで踏ん切り付けないと思うのですが、タイミングが結構難しい。悩みどころです。

今回の企画、アイルランドで撮ってきた写真の展示やらフォトグラファ役の割り振りによりまして、写真絡みで認知されることになっちゃいましたが、私、基本的にはアマチュア音楽家なのですよ。そんなわけで、アフター・パレードが行なわれていた栄のアイリッシュ・パブでは、観客数名を前にマイク無しソロ・アカペラ・パフォーマンスを「その場の勢い」でしてきました。1曲だけですけどね。歌ったのは'Down by the Salley Gardens'という、余りにも有名な曲。さりげなく準備していた譜面を見ながらでしたけど、こういうのは、いつでも歌えるように暗譜しとかないといけないな、と思いました。'Danny Boy'なんかも未だにちゃんと覚えてないし...。

音楽絡みで言っておきますと、hataoさんという超絶技巧系のアイリッシュ・フルート&
ティン・ホイッスル奏者をはじめとして、このイヴェントには何やら一芸に秀でた方々が大挙して参加してくれていた、という感じで、本当に面白かった。パレードだけじゃなくて、音楽イヴェントも更に充実させられたら良いなあ、などと思った次第です。当然私自身も出演を目論んでいるわけですが。そんなわけで、取り敢えず腕磨いときます。

と、云う事で。

セント・パトリックス・デイ・パレード名古屋ですが、いよいよ明日に迫りましたね。これからその準備でございます。

ちなみに私の写真その他ですが、明日大須のパレード本部(大須商店街組合会館)というところにも展示される予定なので、見逃した方は是非足をお運び下さい。他にも色々用意してお待ちしております。

と、云う事で。

下記のお知らせが届いています。私も参加予定です。

会員各位
中部人類学談話会第192回例会開催のお知らせ(2009/3/16)

下記の要領にて、第192回中部人類学談話会特別例会を開催いたしますので、御出席
下さるよう、ご案内申し上げます。是非ご参加ください。(入場無料・参加自由)

中部人類学談話会 会長  稲村 哲也


☆ 日時:平成21年3月28日(土曜)午後13時30分より
☆ 場所:椙山女学園大学 現代マネジメント学部 地下一階001教室
(名古屋地下鉄東山線星ヶ丘駅下車 徒歩5分)

* 会場付近は、駐車スペースがありませんので、車でのご来場は固くお断りいたし
ます。

☆ 話題提供者と話題:
■ 特集:災害の人類学(座長:稲村哲也:愛知県立大学)

■ 清水展(京都大学):グローカル先住民:フィリピン・イフガオの村の植林、
文化復興、開発の企て
■ 王暁葵(愛知県立大学):災害の記憶と記録:中国四川省の大震災を中心に

と、云う事で。

きょう大型稀少生物第弐号が舞台が記したかったみたい。
それでマックハリイで公開しなかった?
だけど、来場するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

大型稀少生物第弐号は達成がほしいな。
マックハリイもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

いよいよ明日11日より15日まで、セント・パトリックス・デイ・パレード名古屋のプレ・イヴェントである「緑の国アイルランドとセントパトリックスデー」が東山線・星ヶ丘駅にある星ヶ丘ギャラリで開催されます。先ほど準備から戻りました。詳しい情報は下記にあると思われます。

「緑の国アイルランドとセントパトリックスデー」

stpatrick_hoshigaoka_200903.jpg写真はその様子。色々展示されてますが、8日まで名駅Cafe Pictで展示していた私の写真もあります。常時誰かしらはいると思うので、お気軽に声を掛けてください。私は13日(金)にはほぼ終日出没予定です。

と、云う事で。

昨日になりますが、津市民文化祭音楽部門に出演して参りました。勿論合唱部門でございます。

hakusan_cc_20090308.jpg場所は白山総合文化センターしらさぎホールというところ。山の中です。白山町が津市に合併された関係で作られたらしい施設ですが、さすがに交通の便が良くありません。そのせいもありまして、客席がまばらだったのが非常に残念でした。こういう施設って、全国にたくさんあるんでしょうね。

それは兎も角、個人的にはノーミスの演奏が出来てホッとしてます。ただ、音響的に響きすぎるタイプのホールで、ちょっと歌いにくかったですね。お客さんが入ると変わるのかも知れませんけれど。

次回の出演は4/5。宝塚ヴェガホールでの現代音楽についての講習会となります。モデル合唱団というやつでございます。

と、云う事で。

birthday_cake_2009.jpg本日(3/8)は私の誕生日。津新町での歌の練習から戻って、その足でたまたま名古屋に来ている後輩と名駅近くのブリティッシュ・パブなどに出向いたのですが、そうこうするうちに図らずも日付が変わりましてそんなこんなでお店から誕生日特典のケーキを頂きました。花火が付いていたのですが写真はそれが消えてからのものです。暗くて写りが悪いのですが、所詮は携帯電話、といったところ。

さすがに小ぶりとは言えホールケーキを二人で食べきることは不可能なので、近くで飲んでいたカップルにお裾分けを。これまた図らずも後輩と同郷のお二人でございまして、ちと一時歓談してきました。

何だか既に近年にはなかった何とも楽しい誕生日になってますが(笑)、帰ったら2時過ぎに...。本日の夕方には「津市民合唱祭@白山総合文化センターしらさぎホール」に出演なんですけどね。まあ、大丈夫でしょうけれど。アルコールは入れてませんし。

ついでながら、お近くの方、あるいはそうでない方も、上の合唱祭には是非ともご来聴下さいませ。ヴォーカル・アンサンブル≪EST≫の演奏は夕方遅くになると思われます。

と、云う事で。

cafe_pict_20090306.jpgさきほど写真を貼り付けてきました。写真は店内の様子。携帯電話で撮ってます。カメラマンではないですし...。

スペースや準備の関係で私の写真だけになってます。計10枚。肝心のセント・パトリックス・デイ・パレード名古屋のポスタもようやく出来上がり、これを貼ることが出来ました。

なお、説明書きなどを作ろうかとも思いましたが、まあ良いかな、と。各写真にはタイトルを付けてまして、これに含まれる固有名詞などを頭に刻み込んで帰って欲しいな、と思うわけです。

と、云う事で。

ここでセント・パトリックス・デイ・パレード関連のプレ・イヴェント情報詳細を。

一応、3/6-8の三日間、名駅西口徒歩2分ほどのところにあるCafe Pictというところで(位置や営業時間などについてはググって下さい。公式サイトは存在しません。)、アイルランドの自然や風物を撮った写真を展示します。多分ですが、全部私が撮ったものになると思われます。10枚ほど六つ切りワイドの大きさでプリントして来ました。お楽しみに。

撮影者の私ですけれど、6日の昼・夜は時々お店にいるかも、と取り敢えず書き込んでおきます。お暇な方はぜひ冷やかしに来てください。

と、云う事で。

きのうマックハリイの、店舗へ発表したかった。
だけど、伴奏するはずだったみたい。
でも、大半みたいな開催するはずだったみたい。
それできのう大型稀少生物第弐号が、お知らせは紹介されたみたい…
それでマックハリイで公開するはずだったの。
だけど、エントリとか受賞したの?

*このエントリは、ブログペットの「大型稀少生物第弐号」が書きました。

昨日になりますが、出身ゼミの一つである東洋大は西山茂研究室のOB・院生を中心に行なわれている地人会に出席してきました。昨年開催されませんでしたので、2年振りとなります。

今回は、つい最近博士論文を書籍化した二人を囲んでの書評と、今年度提出の修士論文1本に関する講評、という形になりました。このゼミのメンバが集まりますととても密度の濃い議論がなされるのですが、今回も同様。まもなくアカデミズムに完全復帰する予定の私としてもとても刺激になった次第です。

その後はお蕎麦屋さんで色々なお祝いを兼ねての宴会。私については暗い話ばかりなんですけどね。それは兎も角として、来年はコメントを任されると言う話にもなりました。水産資源系(?)の方の博論で、魚道に関する研究らしいですけどね。どういうものなのか凄く楽しみだったりします。異分野がホントに好きなわけでして。

と、云う事で。