2011年1月アーカイブ

私設サイトの音楽活動欄には既に書いてますが、『アシタ ノ キョウカ』の前にも結構な数のステージがあります。中でも2月終盤のブリュッヘン・プロジェクト計4ステージは非常に重要。ほぼブログからのコピペになりますが、詳細は下記の通りです。

2011/02/19 :フランス・ブリュッヘン指揮、新日フィルによる『第九』演奏会に出演します。まずはその1回目。

新日本フィルハーモニー交響楽団特別演奏会
フランス・ブリュッヘン・プロデュース Beethoven Project第3回
日時:2/19(土)15:00~会場:すみだトリフォニーホール
曲目:L.V.ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調『合唱付き』 op.125
指揮:フランス・ブリュッヘン
演奏:新日本フィル/栗友会合唱団 etc.

 新日フィルのこのコンサート関連ページへのリンクを貼っておきます。ここからチケットも買えます。

2011/02/21 :フランス・ブリュッヘン指揮、新日フィルによる『第九』演奏会2回目です。

新日本フィルハーモニー交響楽団第472回定期演奏会
ブリュッヘンがベートーヴェンで魅せる芸術の極み
日時:2/21(月)19:15 会場:サントリーホール
曲目:L.V.ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調『合唱付き』 op.125
指揮:フランス・ブリュッヘン
演奏:新日本フィル/栗友会合唱団 etc.

 新日フィルのこのコンサート関連ページへのリンクを貼っておきます。ここからチケットも買えます。

2011/02/26-27 :フランス・ブリュッヘン指揮、新日フィルによるJ.S.バッハの『ミサ曲ロ短調』です。計2回公演。

新日本フィルハーモニー交響楽団第473回定期演奏会
ブリュッヘンが紡ぐ精霊への調べ、浮かび上がる十字架
日時と会場:2/26(土)19:15~@すみだトリフォニーホール、2/27(日)14:00~@すみだトリフォニーホール
曲目:J.S.バッハ 『ミサ曲ロ短調』 BWV232
指揮:フランス・ブリュッヘン
演奏:新日本フィル/栗友会合唱団 etc.

 新日フィルのこのコンサート関連ページへのリンクを貼っておきます。ここからチケットも買えます。

やはり、『ミサ曲ロ短調』が目玉でしょうか。この曲を若い頃にやったおかげで、今の私があります。合唱人なら兎に角歌うべし、な曲です。合唱曲の中の合唱曲、即ち、これこそがザ・合唱曲。ベートーヴェンとあわせて、是非ご来聴下さい。

と、云う事で。

4月頭に『アシタ ノ キョウカ』という新作合唱オペラを上演するわけですが、「オペラ」という位なので中身はやはりオペラなんです。練習もたけなわ、になりつつありますが、5月、7月に新たな出番が入ったようです。R.レオンカヴァッロの『道化師』全2幕、ですね。正式決定ではありませんが、既に7月に『トリスタンとイゾルデ』というのがほぼ入っていますから、4-7月でオペラ3本。なるほど今年はオペラ・イヤーなのだな、と思うわけです。

ところで、オペラと言えば、今週になってようやく昨年末に出た『のだめ』#25を読了しました。ご存じの通り完結編です。実のところ全然番外編ではなく結局本編だったことになるラスト2冊ではW.A.モーツァルトの『魔笛』が取り上げられましたが、これは誰もが知る非常に有名なオペラ。この2冊にはオペラを創ったり演じたりする上で物凄く示唆的なことが多々描かれてまして、ニヤニヤしながら拝読させて頂きました。

そのようにオペラづいている日常そのものや、そんな日々の中で浮かんだ様々な雑感などを、このブログでも色々と取り上げていくことになると思います。何とぞご期待下さい。

と、云う事で。

コーロ・カロスの公式ウェブサイトに、4月公演『アシタ ノ キョウカ ――泉鏡花に歌う』のチラシ画像をアップし始めました。

誠に素晴らしい出来だと思います。今回は裏面の趣向がかなりなものでして、私も当然います。探してみましょう。

コーロ・カロス公式ウェブサイト『アシタ ノ キョウカ』特設ページ

と、云う事で。

本日の練習で、土曜日に始まった5連続練習がようやく終わりました。明日からゆっくりできます(笑)。なので、ようやくモツレクの譜読みにかかれるかな~、とか思ってますが、まあ、仕事もあるんです。

何で5連続になっちゃうかと言えば、やっぱり抱えている演奏会が多くて、更にはそれぞれの曲が結構大変、ということに尽きるかと思います。

くたびれたのでもう寝てしまいます。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、乾くるみによるミステリ連作集『蒼林堂書店へようこそ』を追加しています。『本とも』に掲載されていた、蒼林堂という古書店で営まれる「日常の謎」解きを描いた作品で、文庫オリジナルです。

作品自体も面白いのですが、各編(14本あります。)に付けられたミステリ作品紹介が非常にためになります。基本的なものから、超コアなものまで全127作(裏表紙による。)。さて、あなたは何作読んでいるでしょうか。私で5分の1くらいかな?読んだかどうだか良く分からないものも多い(笑)。

と、云う事で。

NHK教育でオルフェイ・ドレンガー(スウェーデン王立男声合唱団)が昨秋オペラシティでやった演奏会を放送していたので、全部観ました。いやー、イイですね~。

曲がいささかヴァラエティに富みすぎな気もしましたが、それもサーヴィス精神の現われ。さすがに良い音出してます。いつか、TVじゃなくて生で聴きたいですね。全然違うんだろうな。

取り敢えず、V.トルミスのソプラノ独唱付きの曲と、F.プーランクのアッシジが印象深かったです。後者はどこかで歌いたい曲の一つ、ですね。楽譜だけでも手に入れておくかな~。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、誉田哲也の記念すべきデビュウ作『ダークサイド・エンジェル 紅鈴 妖の華』の改題+文庫化『妖の華』を追加しています。

基本的には『ストロベリーナイト』から始まる姫川ものと同じ名前とキャラクタの人物が登場しますし(と言って、井岡だけかな?)、半分くらい警察小説ではあるのですが、この作品、ベースは伝奇小説で、我々が住んでいるのとは色々な点で異なる世界の話ですので、せいぜいがパラレルワールドくらいの関係なんでしょう。ちなみに、文庫版では姫川自身あるいはその名前すら出てきません。

取り敢えず、色々な意味で、誉田哲也にしか書き得ない作品ですね。その後書かれることになる作品の萌芽がそこここに散見出来ます。是非ご一読を。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、今最も旬な作家の一人である冲方丁(うぶかた・とう)によるデビュウ作『黒い季節』角川文庫版を追加しています。

オリジナルは1996年に出た単行本ですね。デビュウ第2作が大長編の『ばいばい、アース』上下巻な訳ですが、これも角川文庫から全て出ています。是非合わせてお読み下さい。

ちなみに、中身は武闘系伝奇小説である、と思って下さい。陰陽五行思想などが満載なところが結構特徴的。

と、云う事で。

『音楽の友』という雑誌がありますけれど、その2月号に2010年のコンサート・ベスト25というものが出ているそうです。それに、私も出演した新日フィル+アルミンク+栗友会のヴェルディ・レクイエムがランクインしているみたいですね。他にもこの組み合わせで、私は乗っていない『ペレアスとメリザンド』も入っているらしい。

こういうのはホントに励みになりますね。正直一杯一杯なもので...。まあ、ソリストが主役の『ペレアス...』は別としましても、そのような高い評価を頂いているということは、結構イイ音出てるんだな、と思います。来月のブリュッヘン・プロジェクト、そしてすぐ先にあるアルミンクとの再会に向けて、更に精進したい次第。

『音友』の記事は後でちゃんと読みたいと思います。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、藤木稟による新たなミステリ・シリーズ第1弾『バチカン奇跡調査官 黒の学院』文庫版を追加しています。

各地で起こる奇跡の真偽を判別することを職務とする「奇跡調査官」である、科学者・平賀と古文書学者・ロベルトのコンビが、とある修道院+寄宿学校で起こった奇跡と怪事件の謎に挑戦する、というお話です。

ちょっと大風呂敷なのと、その割には描写が細かくてちょっとアンバランスなのが気になりましたが、決して悪くない作品です。何せ直木賞候補にもなったことがある藤木稟ですからね。第2弾『バチカン奇跡調査官〈Truth2〉サタンの裁き』も近いうちに文庫化されるようなので、心待ちにしたいと思います。

と、云う事で。

千葉でも初雪なんじゃないかと思われる本日ですが、宇大混声の定演を聴きに宇都宮の栃木県総合文化センタ・メインホールまで足を運びました。

実のところ、雪なんてどうでも良くて、体調が非常に悪いんですね。風邪なんでしょうけど、熱は特に高くない、でも鼻とのどが今年に入ってからずっと死んでます。鼻が先で、のどが後にいかれました。取り敢えず現状咳が出るのが非常に困る。良くなっているような気もするのだけれど、乾燥したところや気温の低いところにはちょっと行きたくない、というような具合。

なので、鼻が詰まっていたり、咳を我慢したりしてちょっと集中出来なかったのですが、以下、簡単に感想を。相変わらず全然簡単じゃなくなりましたが...。

演目は3ステージ、計3曲です。このシンプルさは本当に素晴らしいと思います。

1. 林光 マザー・グース・メロディー 
野上彰の訳詞による作曲です。アカペラとピアノ付きの計4曲からなります。ピアノは寺嶋陸也氏で、指揮は学指揮の菅家君。調べてみますと、1957-1958年に作られた曲なのですね。なんと、50年以上たってます。4曲のどれもが後の林作品を胚胎してますが、3曲目の「まがりくねった男がひとり」なんてのはまさにその典型。溌剌として、そしてまた非常に丁寧な演奏だったと思いました。

2. 寺嶋陸也 鈴木敏史の詩による6つの合唱曲 朝顔の苗
指揮は栗山文昭先生で、ピアノは作曲者である寺嶋陸也氏でした。このところこの曲を聴く機会が増えていますが、聴くたびに印象が変わりますね。違う演奏団体なので当たり前ですが、この曲、噛めば噛むほど、というところも多々あります。2005年から作曲されはじめ、年々曲が加わり最終的に全6曲に。出版譜は2009年12月に刊行されています。誠に愛すべき曲を、栗山&寺嶋という最強コンビ+とても純粋でなおかつ一本筋のある音楽性を持っているように思う宇大で聴けたのは良かったな、と思います。詩人によって紡がれた珠玉の言葉と楽曲の良さがそのまま表現された見事な演奏でした。

3. 林光 狼森(オイノもり)と笊森(ざるもり)、盗森(ぬすともり)
本日のメイン・イヴェント、です。宮沢賢治が書いた同タイトルの童話に(ちなみに、ここに原文が出てます。)林光氏が曲を付けたもの。1998年に合唱団じゃがいもが委嘱した作品で、音楽劇という形をとります。

今回の指揮は栗山先生で、合唱の他に、幾つかの楽器が入ります(詳細省略)。そして、演出は加藤直氏。なので、現在コーロ・カロスが準備をしている合唱オペラ『アシタ ノ キョウカ』と同じ作り手による作品、ということになります。付け加えますと、カロスも2000年公演で扱っています。

って、説明が長くなりましたが、宮沢賢治らしい、自然と人とが常に共存関係にあることを忘れちゃ駄目だよ、人間も自然の一部なんだよ的な思想を含む、エコロジーの先駆とも言える寓話を、シンプルかつ必要充分な舞台構成と演出で、誰の目にも耳にも分かりやすく表現していたように思いました。そこそこ長い作品ですが、あっという間に終わった、という感じでした。非常に愉しかったです。

余談ですが、この童話(そもそも童話なんだろうか、とも思いますが。)、基本的に森の命名神話なり名前の由来譚の形をとってまして、更には構成が四方祓いっぽいというか、結構道教っぽかったりします。陰陽五行(木火土金水)ね。賢治自体は法華信徒ですが、その作品に現われる世界観には非常に興味深いものがありますね。賢治研究者が多いわけだな、と改めて思いました。

話を戻しまして、全体のまとめです。全曲日本語で計3曲、テーマにも共通するところの多い非常にコンセプトの明確な、まとまりのあるコンサートだったように思います。きっと稽古は大変だったに違いない宇大の皆様、お疲れ様でした。

と、云う事で。

私設サイトの音楽活動欄を更新しています。去年の11月以降の出演に関して情報を追加し、新たに3月のモツレクを加えました。

で、このブログにもコーロ・カロス4月公演の情報を載せないわけにはいかないので載せておきます。以下の通りです。

コーロ・カロス 演奏会 2011
日時:2011年4月2日(土)18:00開演、3日(日)14:00/18:00開演 計3回公演
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(渋谷駅徒歩5分)
演目:作曲 林光/作・演出 加藤直
         合唱オペラ《委嘱初演》 アシタ ノ キョウカ――泉鏡花に歌う
指揮・音楽監督:栗山文昭
出演:コーロ・カロス 他
入場料:全席指定
         A席 前売 3,500円 当日 4,000円
         B席 前売 2,500円 当日 3,000円

 詳細は順次追加します。チケットご所望の方はコチラまで連絡下さい。
 ついでながら、私が管理しているという噂(ではないのですが...)もあるコーロ・カロス公式ウェブサイトも是非ご覧下さい。更新はそちらが早いと思います。

コーロ・カロス公式ウェブサイト

私設サイトの音楽CD紹介欄に、グラスゴーを本拠地とするギター・ポップ・バンド、ベル&セバスティアン(Belle and Sebastian)の昨秋リリースとなった通算8枚目のアルバム『ライト・アバウト・ラヴ』を追加しています。

ノラ・ジョーンズがゲストとして参加してます。かなり意外な組み合わせだと思いませんか?でも妙にマッチする。

考えてみますと、ノラ・ジョーンズって、ベースにあるのがジャズで、そこにアメリカのルーツ・ミュージックみたいなものが絡んでますよね。逆なのかも知れないけどそれは措くとして。

何がアメリカで何がジャズなのか、っていうのは本質的な問題ですが、アメリカ文化も元を辿ればかなりの部分がアイルランド系だったりとか、スコットランド系であったりとかするわけです。要するに、根っこと葉っぱにはちゃんとつながってるんですよ。だからこんなコラボも可能になったんじゃないかな、などと。

そんなことを考えさせてくれる出来事でした。うーん、プロデューサのトニー・ホッファー氏は偉大ですね。

と、云う事で。

うーん、本日は前から楽しみにしていた千葉大合唱団の定演の日。しかし、悪いことというのは案外起こっちゃうものでして、悪夢のような会議が入ってしまい聴きに行けませんでした。

週末なのにね。悪趣味だよね。こんなの無しにして欲しいよね。まあ、私自身も会議の原因の一部を作ってたわけですが...。

感想を書けないのが非常に心苦しいです。きっと凄いステージだったんじゃないかな、と思います。しょぼん。

と、云う事で。

私設サイトの書籍紹介欄に、伊坂幸太郎による第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞受賞の傑作『ゴールデンスランバー』文庫版を追加しています。

記念すべき2011年初紹介です。珍しくやや辛口なテイストに仕上がっています。そうですねぇ、評論もお酒も淡麗辛口くらいが良いですよね。ああ、お正月気分抜けてないな(笑)。

ちなみに、この逃亡劇ですが、元ネタは明らかにT.ギリアム監督の映画『未来世紀ブラジル』(原題Brasil)。こういう情報は重要です。この作品(『ゴールデンスランバー』)、あるいはその映画版(中村義洋監督、堺雅人主演)を鑑賞する上で、あの映画を観ているのと観ていないのとでは大違いなので、是非チェックしてみて下さい。

話がそれますが、ギリアムの『ブラジル』、個人的には、全ての映画ベスト10に入れたいくらいの驚異的な作品だと思っています。あの『新世紀エヴァンゲリオン』も見事なまでに影響受けてたりします。

と、云う事で。

さてさて、三が日が終わり、今年の音楽活動もいよいよスタート。昨日(1/4)が歌い初め、そして新年会でした。場所は懐かしの亀戸です。

実は、TOKYOカンタートで、間宮芳生特集の一環として『合唱のためのコンポジション第9番 変幻』をやる関係で、4-5日はこれの初練習にして二日連続練習。長い曲ですが、二日間で一通りの譜読みが完了。手違いで楽譜を事前に貰っていなかった私は最初の方を除いて基本初見状態でした。目が疲れました(笑)。

まあ、凄まじい曲です。お楽しみに。

週末にはカロスの4月公演に向けての練習やら、2月のブリュッヘンによる『ロ短調ミサ曲』に向けての練習などもあります。即ち現在私は近々に三つの大きな公演を抱えている、ということですね。5月までホントに大変です。ああ、そうだ、ブラームスもあるんですよね。何とぞ応援のほどよろしくお願い申し上げます。

と、云う事で。

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

旧年中はご厚誼を賜りまして、誠にありがとうございました。昨年はヴォーカルアンサンブル《EST》の一員としてブルガリア・ヴァルナでのヨーロピアン・グランプリに挑み(5月)、年末には栗友会の一員としてサイトウキネンオーケストラのNY公演@カーネギーホールに出演を果たしました(12月)。その他にも様々なコンサート、イヴェントに出演してきましたが、誠に、音楽活動に明け暮れた1年だったと思います。

さすがにやり過ぎではないか、本来するべきこともちゃんとやらないと駄目だよ、などととやや反省しているところもあるのですが、取り敢えず今年も前半はこの流れを継続します。

まずはコーロ・カロスの四月公演(委嘱新作合唱オペラ『アシタ ノ キョウカ』 2、3日の計3回公演@渋谷さくらホール)に向けての稽古が今週からいよいよ本格的にスタートします。出来たばかりのホールでの音楽劇、是非ご来場下さい。チケットをご所望の方は、私に言って頂ければご用意致します。

他にも、フランス・ブリュッヘン指揮による『ミサ曲ロ短調』(2月)、TOKYOカンタート(5月)など行事は目白押しです。詳細は随時書き込みますので時折チェックしてみて下さい。

なお、私設サイトのトップにも新年のご挨拶を貼り付けてありますので、あわせてご覧下さい。但し、文面は余り変わりません。

と、云う事で。